○小浜市梅千代会館の設置および管理に関する条例

平成14年3月25日

条例第12号

(趣旨)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、小浜市梅千代会館(以下「会館」という。)の設置および管理について、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 小浜市のゆとりと魅力のある営農スタイルを実現するための世代間交流を促進し、地域全体の活性化を図るため、会館を設置する。

(位置)

第3条 会館の位置は、次のとおりとする。

小浜市谷田部第25号7番1

(使用の許可)

第4条 会館を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可をする場合に、管理運営上必要があると認めるときは、その許可について必要な条件を付すことができる。

(使用許可の制限)

第5条 市長は、次の各号の一に該当するときは、会館の使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序を乱し、または善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 会館を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 前各号のほか会館の管理運営上不適当と認められるとき。

(使用許可の取消し等)

第6条 市長は、第4条の規定により許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、次の各号の一に該当すると認めるときは、その使用許可を取消し、または使用を中止させ、もしくは使用の条件を変更することができる。

(1) この条例またはこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 使用許可の目的以外に使用したとき。

(3) 使用許可の条件を履行しないとき。

(4) 前条の規定に該当するものと認めたとき。

(5) その他管理運営上やむを得ない理由により特に必要があると認めたとき。

2 前項の規定により使用許可を取消し、または使用を中止させ、もしくは使用条件を変更した場合において、使用者に損害が生じても、市長は、その賠償の責を負わない。

(使用料)

第7条 使用者は、別表に定める使用料を前納しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第8条 市長は、公益上必要があると認めるときその他特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、または免除することができる。

(使用料の還付)

第9条 既納の使用料は、還付しない。ただし、使用者の責に帰さない理由により使用できなくなったときは、市長は、その一部または全部を還付することができる。

(原状の回復)

第10条 使用者は、会館の使用を終わったとき、または使用の許可を取り消されたとき、もしくは使用を中止されたときは、直ちに会館を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第11条 使用者は、その使用により会館を損傷し、または滅失したときは、市長の指示するところによりこれを原状に回復し、またはその損害を賠償しなければならない。

第12条および第13条 削除

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成14年6月1日から施行する。

附 則(平成18年3月30日条例第5号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

基本使用料

(単位 円)

区分

午前

午後

夜間

全日


備考

9時~12時

13時~17時

18時~22時

9時~22時

3時間

4時間

4時間

13時間

会議室

(和室)

900

1,100

1,300

3,000

 

多目的ホール

3,000

4,000

5,000

12,000

 

1 使用時間には準備および使用後の整理等に要する時間も含むものとする。

2 使用時間が本表に定める使用時間に満たない場合でも使用料について時間割計算は行わない。

3 冷暖房期間中の使用料については、当該使用料に40%を乗じて得た額を加算した額とする。

4 多目的ホールを使用する場合は、電気料として1時間あたり350円を加算した額とする。

小浜市梅千代会館の設置および管理に関する条例

平成14年3月25日 条例第12号

(平成18年4月1日施行)