○小浜市開発許可事務に関する規則

平成19年3月14日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は都市計画法(昭和43年法律第100号。以下「法」という。)、都市計画法施行令(昭和44年政令第158号。以下「政令」という。)および都市計画法施行規則(昭和44年建設省令第49号。以下「省令」という。)に基づく事務のうち、福井県知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例(平成11年福井県条例第44号)の規定により、市が処理することとされた事務に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則における用語の意義は、法、政令および省令に定めるところによる。

(開発行為許可申請書の添付図書)

第3条 省令第16条第1項に規定する開発行為許可申請書には、次に掲げる図書(以下「添付図書」という。)を添付して市長に提出しなければならない。ただし、主として、自己の居住の用に供する住宅の建築の用に供する目的で行う開発行為または住宅以外の建築物もしくは特定工作物で自己の業務の用に供するものの建築もしくは建設の用に供する目的で行う開発行為に係るものにあっては、第3号から第5号までに掲げる図書を除く。

(1) 開発区域の土地の登記事項証明書

(2) 開発区域の地籍図

(3) 資力および信用に関する申告書(様式第1号)

(4) 工事施行者の能力に関する申告書(様式第2号)

(5) 開発許可を申請する者が法人である場合にあっては当該法人の登記事項証明書および事業経歴書、個人である場合にあっては事業経歴書

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める図書

2 省令第16条第2項の設計説明書の様式は、様式第3号とし、当該設計説明書には、実測図に基づく公共施設の新旧対照図を添付しなければならない。

3 省令第17条第1項第3号および第4号に掲げる書類の様式は、様式第4号および様式第5号とする。

4 法第32条第1項に規定する公共施設の管理者の同意は、開発行為の施行同意書(様式第6号)により行うものとする。

(開発許可に係る事項の変更)

第4条 法第35条の2第1項の規定による許可の申請は、開発行為変更許可申請書(様式第7号)に、添付図書のうち当該変更に係るものを添付して行うものとする。

2 法第35条の2第3項の規定による届出は、開発行為変更届出書(様式第8号)に、添付図書のうち当該変更に係るものを添付して行うものとする。

(工事の完了の公告)

第5条 省令第31条に規定する工事の完了の公告は、小浜市公告式条例(昭和26年小浜市条例第1号)第2条第2項に規定する掲示場に掲示して行うものとする。

(建築制限の解除承認)

第6条 法第37条第1号の規定により建築制限の解除の承認を受けようとする者は、建築制限解除承認申請書(様式第9号)に次に掲げる図書を添付して市長に提出しなければならない。

(1) 付近見取図(方位、敷地の位置および敷地の周辺の公共施設を明示したもの)

(2) 土地利用計画図(開発行為に関する工事の進捗状況を明示したもの)

(3) 工事工程表(開発許可に基づく造成および予定建築物の建築に係る工程を明示したもの)

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める図書

(開発行為の廃止届出書の添付書類)

第7条 省令第32条に規定する開発行為に関する工事の廃止の届出書には、次に掲げる図書を添付しなければならない。

(1) 廃止の理由を記載した書類

(2) 廃止時の当該土地の現況図(平面図、断面図および写真で地形を明示したもの)

(3) 廃止に伴う措置を記載した書類

(4) 開発行為許可通知書

(開発許可を受けた土地における建築等の許可申請)

第8条 法第42条第1項ただし書の規定により開発許可を受けた土地における建築物の許可を受けようとする者は、建築等許可申請書(様式第10号)に次に掲げる図書を添付して、市長に提出しなければならない。

(1) 付近見取図(方位、敷地の位置および敷地の周辺の公共施設を明示したもの)

(2) 土地利用計画図(予定建築物等の敷地の形状ならびに敷地に係る予定建築物等の配置および用途を明示したもの)

(3) 予定建築物等の各階の平面図、立面図または構造図

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める図書

(許可に基づく地位の承継承認申請)

第9条 法第45条の規定により地位の承継の承認を受けようとする者(以下「地位承継承認申請者」という。)は、地位承継承認申請書(様式第11号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の地位承継承認申請書には、次に掲げる図書を添付しなければならない。ただし、主として、自己の居住の用に供する住宅の建築の用に供する目的で行う開発行為または住宅以外の建築物もしくは特定工作物で自己の業務の用に供するものの建築もしくは建設の用に供する目的で行う開発行為に係るものにあっては、第2号から第4号までに掲げる図書を除く。

(1) 土地の所有権その他開発行為に関する工事を施行する権原を取得したことを証する書類

(2) 資力および信用に関する申告書

(3) 工事施行者の能力に関する申告書

(4) 地位承継承認申請者が法人である場合にあっては登記事項証明書および事業経歴書、個人である場合にあっては事業経歴書

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める図書

(開発登録簿の様式)

第10条 省令第36条第1項に規定する開発登録簿(調書)の様式は、様式第12号とする。

(開発登録簿閲覧所)

第11条 省令第38条第1項に規定する開発登録簿の閲覧所(以下「閲覧所」という。)は、産業部都市整備課に置く。

(閲覧時間)

第12条 開発登録簿の閲覧時間は、小浜市の執務時間を定める規則(平成17年小浜市規則第6号)に規定する小浜市の執務時間とする。

(閲覧手続)

第13条 開発登録簿を閲覧しようとする者は、開発登録簿閲覧申請書(様式第13号)に必要事項を記入し、市長の承認を受けなければならない。

(閲覧所以外の場所における閲覧の禁止)

第14条 開発登録簿を閲覧する者は、閲覧所以外の場所でこれを閲覧してはならない。

(閲覧の停止または禁止)

第15条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、開発登録簿の閲覧を停止し、または禁止することができる。

(1) 前条の規定に違反した者

(2) 開発登録簿を汚損し、もしくは破損し、またはそのおそれがある者

(3) 開発登録簿の閲覧に際して、他人に迷惑を及ぼし、またはそのおそれがある者

(4) 開発登録簿の閲覧に際して、係員の指示に従わない者

(閲覧後の義務)

第16条 閲覧を終わった者は、閲覧した開発登録簿の査閲を受けなければならない。

(開発登録簿の写しの交付)

第17条 法第47条第5項の規定により開発登録簿の写しを請求しようとする者は、開発登録簿写しの交付申請書(様式第14号)を市長に提出しなければならない。

(工事現場における開発許可の表示)

第18条 開発許可を受けた者は、法第36条第3項の公告があるまでの間は、当該工事現場の見やすい場所に、様式第15号により表示をしなければならない。

(申請書等の提出部数)

第19条 法、省令およびこの規則の規定により市長に提出する申請書および届出書の提出部数は、正本1部および副本1部とする。ただし、市長が特別に定めたものについては、この限りではない。

(手数料の納入)

第20条 この規則の規定による認定を受けようとする者は小浜市手数料条例(平成12年小浜市条例第8号)の定めるところにより、手数料を納入しなければならない。

(その他)

第21条 この規則に定めるもののほか、開発許可事務の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規則第10号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日規則第10号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小浜市開発許可事務に関する規則

平成19年3月14日 規則第3号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第2章 都市計画
沿革情報
平成19年3月14日 規則第3号
平成20年3月31日 規則第10号
平成21年3月30日 規則第10号