○わかさ国府の郷 四季菜館の設置および管理に関する条例施行規則

平成21年3月30日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、わかさ国府の郷 四季菜館の設置および管理に関する条例(平成21年小浜市条例第17号。以下「条例」という。)第16条の規定に基づき、わかさ国府の郷 四季菜館(以下「四季菜館」という。)の管理および運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 四季菜館の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず開館時間を変更することができる。

(休館日)

第3条 四季菜館の休館日は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 毎週水曜日。ただし、その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、当該休日以後の直近の休日でない日とする。

(2) 第3日曜日

(3) 毎年12月29日から翌年1月3日まで

(使用許可の申請)

第4条 条例第5条の規定により、四季菜館を使用しようとする者は、わかさ国府の郷 四季菜館使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理したときは、これを審査し、適当と認めたときは、わかさ国府の郷 四季菜館使用許可書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(使用許可の取消し等の通知)

第5条 市長は、条例第6条の規定により、使用許可を取り消し、または使用を停止するときは、前条第2項の規定により、わかさ国府の郷 四季菜館使用許可書の交付を受けた者(以下「使用者」という。)に、わかさ国府の郷 四季菜館使用許可取消決定書(様式第3号)またはわかさ国府の郷 四季菜館使用停止命令書(様式第4号)を交付するものとする。

(使用料の減免申請)

第6条 条例第9条の規定により、使用料の減免を受けようとする者は、わかさ国府の郷 四季菜館使用料減免申請書(様式第5号)第4条第1項に規定する申請書に添えて、市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第7条 条例第10条ただし書に規定する使用料の還付は、次の各号の定めるところにより行うものとする。

(1) 使用者の責めに帰さない理由により、四季菜館を使用することができなくなったとき 使用料の全額

(2) 使用者が使用の取消しを申し出た場合であって市長がやむを得ない理由があると認めたとき 使用料の全額または一部

2 前項の規定により、使用料の還付を受けようとする者は、わかさ国府の郷 四季菜館使用料還付申請書(様式第6号)を使用料を納入したことを証する書面を添えて市長に提出しなければならない。

(使用者の遵守事項)

第8条 使用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 使用許可を受けた施設以外の施設に立ち入り、または使用許可を受けた施設、器具その他の工作物以外のものを使用し、もしくはこれらを他に移動させないこと。

(2) 火災、盗難その他の災害の発生を防止する措置をとること。

(3) 四季菜館内またはその敷地内において、市長の許可を得ず広告、はり紙その他これらに類するものを掲示しないこと。

(委任)

第9条 この規定に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日規則第10号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

わかさ国府の郷 四季菜館の設置および管理に関する条例施行規則

平成21年3月30日 規則第4号

(平成28年4月1日施行)