○小浜市鳥獣被害対策実施隊設置規則

平成24年3月23日

規則第3号

(設置)

第1条 小浜市内において鳥獣による農林水産業の被害を防止するため、鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(平成19年法律第134号。以下「特措法」という。)第9条第1項の規定に基づき、鳥獣被害対策実施隊を設置する。

(名称および所在地)

第2条 鳥獣被害対策実施隊の名称は、小浜市鳥獣被害対策実施隊(以下「実施隊」という。)と称し、所在は小浜市大手町6号3番地小浜市産業部農林水産課内に置く。

(職務)

第3条 実施隊は、特措法第4条第1項の規定により市が定める鳥獣被害防止計画(以下「計画」という。)に基づき、次の各号に掲げる職務を行う。

(1) 捕獲等による被害防止施策に関すること。

(ア) 有害鳥獣の捕獲、駆除および狩猟全般に関すること。

(イ) 捕獲技術の向上および担い手の育成に関すること。

(ウ) 有害鳥獣の緊急捕獲、処分に関すること。

(エ) 人的被害を及ぼす恐れがある場合等の緊急出動に関すること。

(2) 防護柵設置等による被害防止施策に関すること。

(ア) 防護柵の設置および維持管理の指導に関すること。

(イ) 集落が主体的に取り組む体制づくりの推進に関すること。

(3) その他被害防止施策に関すること。

(ア) 有害鳥獣による被害状況調査および生息調査に関すること。

(イ) その他、実施隊として必要な事項に関すること。

(任命)

第4条 実施隊の隊員(以下「隊員」という。)は、小浜市長が任命する。

(隊員編成)

第5条 実施隊は、次に掲げる者を隊員とし編成する。

(1) 小浜市鳥獣害対策担当職員

(2) 社団法人 福井県猟友会小浜支部長1名および副支部長2名

(隊長)

第6条 実施隊の隊長は、小浜市産業部長の職にあるものをもって充てる。

(任期)

第7条 隊員の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない。

(勤務)

第8条 隊員(第5条第2号の隊員に限る。)の勤務は非常勤とする。

(出動)

第9条 隊員は、鳥獣による被害防止に関し、緊急の必要があると隊長が認めるときには直ちに出動し、パトロール、捕獲、処分、その他の職務に従事しなければならない。

2 隊員は前項の職務に従事したときは、その内容を実施隊出動日誌(別記様式)に記載し隊長に報告するものとする。

(報酬)

第10条 第5条第2号に掲げる実施隊員には、報酬として月額52,000円を支給する。

2 前項の職員には、その職務を行うために要する費用を弁償する。

3 弁償する費用は、鉄道賃、船賃、航空賃、車賃、日当および宿泊料とし、その額は、別表のとおりとする。

(補償)

第11条 第5条第2号に掲げる実施隊員の公務上の災害または通勤による災害に対する補償については、労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)または福井県市町総合事務組合非常勤職員公務災害補償等条例(平成19年福井県市町総合事務組合条例第11号)の定めるところによる。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成24年3月23日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行日以後、最初に任命される隊員の任期は、第7条の規定にかかわらず、平成25年3月31日までとする。

附 則(平成25年3月18日規則第16号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

別表(第10条関係)

鉄道賃

船賃

航空賃

車賃

(1キロメートルにつき)

日当

(1日につき)

宿泊料

(1夜につき)

旅客運賃

小浜市一般職の職員等の旅費に関する条例別表第1上記以外の職員の例による。

画像

小浜市鳥獣被害対策実施隊設置規則

平成24年3月23日 規則第3号

(平成25年4月1日施行)