○小浜市認定こども園管理および運営に関する規則

平成28年3月31日

規則第14号

小浜市認定こども園管理および運営に関する規則(平成25年小浜市規則第15号)の全部を改正する。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 1号認定子ども 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「支援法」という。)第19条第1項第1号に掲げる就学前子どもをいう。

(2) 2号認定子ども 支援法第19条第1項第2号に該当する子どもをいう。

(3) 3号認定子ども 支援法第19条第1項第3号に該当する子どもをいう。

(定員)

第3条 認定こども園の定員は、支援法に基づく支給認定の区分に応じ、次のとおりとする。

名称

支給認定区分

定員

小浜市浜っ子こども園

1号認定子ども

70人

2号認定子どもおよび3号認定子ども

130人

(職員)

第4条 認定こども園には、園長および保育教諭を置く。

2 認定こども園には、前項に定める職員のほか、副園長、その他必要な職員を置くことができる。

3 園長は、上司の命を受け、所管の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

4 副園長は、園長の命を受け、所管の事務を処理し、園長に事故があるとき、または園長が欠けたときは、その職務を代理する。

5 その他の職員は、園長の指示を受け、業務に従事する。

(開園時間)

第5条 認定こども園の開園時間は、午前7時30分から午後7時までとする。ただし、市長が、必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(教育・保育の時間)

第6条 認定こども園における教育または保育の時間は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 教育標準時間 午前8時30分から午後2時00分まで

(2) 保育短時間 午前8時30分から午後4時30分まで

(3) 保育標準時間 午前7時30分から午後6時30分まで

(延長保育)

第7条 市長は、2号認定子どもおよび3号認定子どもに対し、前条第2号および第3号に規定する時間を超えて教育および保育の提供を行う必要があると認めるときは、延長保育として、開園時間内において教育および保育を提供することができる。

(休園日等)

第8条 認定こども園の休園日は、次の各号に掲げる入園区分に応じ、当該各号に定める日とする。

(1) 1号認定子どもに対する休園日等

 日曜日および土曜日ならびに祝日法に規定する休日

 春季休業日(4月1日から4月4日までをいう。)

 夏季休業日(7月21日から8月31日までをいう。)

 冬季休業日(12月24日から1月7日までをいう。)

 学年末休業(3月26日から3月31日までをいう。)

(2) 2号認定子どもまたは3号認定子どもに対する休園日等

 日曜日および国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号。以下「祝日法」という。)に規定する休日

 12月29日から翌年の1月3日までの日

2 前項の規定に関わらず、市長が特に必要と認めたときは、臨時に開園し、または休園することができる。

(入園資格)

第9条 認定こども園に入園し、教育または保育を受けることのできる資格(以下「入園資格」という。)を有する者は、次のとおりとする。

(1) 支援法第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子どもに該当する子ども

(2) 支援法第19条第1項第2号に掲げる小学校就学前子どもに該当する子ども

(3) 支援法第19条第1項第3号に掲げる小学校就学前子どもに該当する子ども

(入園の手続)

第10条 前条の入園資格を有する子どもの保護者は、当該子どもの認定こども園への入園を希望するときは、別に定めるところにより、入園を申込み、承認を受けなければならない。

(入園の制限)

第11条 市長は、入園を希望する子どもが次の各号のいずれかに該当するときは、当該子どもの入園を制限することができる。

(1) 感染性の疾病を有するとき。

(2) 身体が虚弱、精神病または悪癖を有する場合で、集団保育に耐えないと市長が認めるとき。

(入園の承認の取消し)

第12条 市長は、子ども園に入園している子どもが次の各号のいずれかに該当する場合は、入園の承認を取り消すことができる。

(1) 入園資格を有しなくなったとき。

(2) 正当な理由がなく長期間にわたって条例第4条第1号の教育または保育を受けた実績がないとき。

(3) 偽りその他不正な手段により入園の承認を受けたとき。

(4) 疾病その他の事由により当該子どもに条例第4条第1号の教育または保育を提供することが困難であると市長が認めるとき。

(教育・保育課程)

第13条 園長は、条例第4条各号に規定する事業の目標を達成するために、適正な教育・保育課程を編成するものとする。

2 前項の規定による教育・保育課程を編成するに当たっては、幼保連携型認定子ども園教育・保育要領(平成26年内閣府・文部科学省・厚生労働省告示第1号)に基づき、園児の心身の発達上の特質を考慮し、かつ、適切な経験領域に則して編成しなければならない。

(修了証書の授与)

第14条 園長は、認定こども園の課程を修了した者には、修了証書を授与する。

(委任)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この規則の施行に関し必要な手続その他の準備行為は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

小浜市認定こども園管理および運営に関する規則

平成28年3月31日 規則第14号

(平成28年4月1日施行)