○小浜市まちなか交流施設の設置および管理に関する条例施行規則

平成28年4月1日

規則第28号

(目的)

第1条 この規則は、小浜市まちなか交流施設の設置および管理に関する条例(平成27年小浜市条例第34号。以下「条例」という。)第16条の規定に基づき、小浜市まちなか交流施設(以下「交流施設」という。)の管理および運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 交流施設の開館時間は、別表1のとおりとする。

2 市長は、特に必要があると認められるときは、前項の規定にかかわらず開館時間を変更することができる。

(休館等)

第3条 交流施設の休館日は、次のとおりとする。ただし、指定管理者が特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て、交流施設を休館することができる。

(1) 毎週火曜日

(2) 12月29日~翌1月3日まで

2 前項第1号に定める休館日が、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日の場合、翌日を休館日とする。

3 第1項に定める休館日について、交流施設の利用状況等必要に応じて開館することができる。

(利用許可等の申請)

第4条 条例第8条の規定による施設を専有して利用しようとする者(以下「専有利用者」という。)および施設を利用しようとする者(以下「一般利用者」という。)は、あらかじめ交流施設利用許可申請書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 条例第8条の規定により許可を受けた事項を変更しようとする者は、あらかじめ交流施設利用変更許可申請書(様式第2号)に許可書を添えて提出しなければならない。

(利用の許可等)

第5条 指定管者は、前条の各項の規定による申請に基づき、利用を許可し、または許可を受けた事項の変更を許可したときは、交流施設利用許可書(様式第3号)または交流施設利用変更許可書(様式第4号)を申請者に交付する。

(利用許可の取消等の通知)

第6条 指定管理者は、条例第9条の規定により、許可した事項を変更させ、または許可を取り消し、もしくは利用の中止を命ずるときは、交流施設許可事項変更・許可取消・利用中止命令書(様式第5号)により、専用利用者および一般利用者に通知する。

(附属設備および器具等の利用料金)

第7条 旭座文化財棟の附属設備および器具等の利用料金は別表2に定めるとおりとする。

(利用料金の納入)

第8条 条例第11条に規定する利用料金は、交流施設利用許可書または、交流施設利用変更許可書の交付を受ける際に納入しなければならない。ただし、指定管理者が特別の理由があると認めるときは、利用料金は後納することができる。

(利用料金の減免の基準)

第9条 条例第13条の規定による施設の利用料金の減免については、次に定めるところによる。

(1) 小浜市が利用する場合は、免除とする。

(2) 前号に掲げる他、市長が必要と認める場合は、利用料金の全部、または一部を減免することができる。

(利用料金の減免申請)

第10条 条例第13条の規定により、利用料金の減免を受けようとする者は、交流施設利用料金減免申請書(様式第6号)を指定管理者に提出しなければならない。

(利用料金の還付の基準)

第11条 条例第13条の規定による利用料金の還付は、次の各号の定めるとことにより行うものとする。

(1) 専有利用者および一般利用者の責めに帰さない理由により、交流施設を利用することができなくなったとき 利用料金の全額

(2) 専有利用者および一般利用者が利用の取消しを申し出た場合であって指定管理者がやむを得ない理由があると認めたとき 利用料金の全額または一部

2 前項の規定により、利用料金の還付を受けようとする者は、交流施設利用料金還付申請書(様式第7号)を、利用料金を納入したことを証する書面を添えて指定管理者に提出しなければならない。

(交流施設の遵守事項)

第12条 交流施設の入場者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 利用許可を受けた施設以外の施設に立ち入り、または利用許可を受けた施設、器具その他の工作物以外のものを利用し、もしくはこれらを他に移動させないこと。

(2) 火災、盗難その他の災害の発生を防止する措置をとること。

(3) 交流施設またはその敷地内において、指定管理者の許可を得ず、広告、貼り紙その他これらに類するものを掲示しないこと。

(4) 収容定員(旭座文化財棟に限る。)を超えて入場させないこと。

(5) 所定の場所以外で飲食をしないこと。

(6) 所定の場所以外で喫煙をしないこと。

(7) 騒音もしくは怒声を発し、または暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(8) 前各号に掲げるもののほか、利用の許可に際して付された条件および指定管理者の指示に従うこと。

(入場の制限)

第13条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、交流施設への入場を拒絶し、または退場させることができる。

(1) 他人に危害または迷惑を及ぼすと認められる者もしくは、これらの恐れがある物品等を携帯している者

(2) 旭座文化財棟においては、動物(身体障害者補助犬を除く)を伴っている者

(3) 公の秩序または善良なる風俗に反する恐れがあると認められる者

(4) 所定の場所以外で飲食をする者

(5) 所定の場所以外で喫煙をする者

(6) 騒音もしくは怒声を発し、または暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼす行為をする者

(委任)

第14条 この規則に定めるもののほか必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成28年5月1日から施行する。

別表1(第2条関係)

(開館時間等)

区分

開館時間

観光情報提供施設

(夏季) 9時から20時まで

(冬季) 9時から18時まで

休憩施設

レンタサイクル施設

10時から17時まで

(*貸し出しは16時まで)

トイレ

24時間

駐車場

屋外広場

(夏季) 9時から20時まで

(冬季) 9時から18時まで

連絡通路

特産品販売・展示施設

(夏季) 11時から19時30分まで

(冬季) 11時から17時30分まで

フードコーナー

(夏季) 11時から19時30分まで

(冬季) 11時から17時30分まで

テナントスペース

10時から17時30分まで

旭座文化財棟

9時から22時まで

旭座楽屋棟

別表2(第7条関係)

(附属設備および器具等の利用料金)

区分・品名

単位

利用料金(円)

備考

電子ピアノ

1回

1,000


スポットライト

1回

500

桟敷設置

プロジェクター

1回

1,000


金屏風

1双

500


その他


別に定める


利用料金は、午前(9時から12時までをいう。)、午後(13時から17時までをいう。)または夜間(18時から22時までをいう。)の利用区分をもってそれぞれ1回とする。

ただし、同日内において、本番のための準備、練習で利用する時間は利用料金を徴収しないものとする。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小浜市まちなか交流施設の設置および管理に関する条例施行規則

平成28年4月1日 規則第28号

(平成28年5月1日施行)