○小浜市農業委員会委員候補者評価委員会運営規程

平成28年12月28日

訓令第21号

(趣旨)

第1条 この規程は、小浜市農業委員会の委員の選任に関する規則(平成28年小浜市規則第43号。以下「規則」という。)に規定する小浜市農業委員会委員候補者評価委員会(以下「評価委員会」という。)の運営について、必要な事項を定めるものとする。

(任務)

第2条 評価委員会は、次の事務を行うものとする。

(1) 市長の求めにより、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)および規則の規定に基づき、農業委員候補者の評価を行い、市長に報告するものとする。

(2) 農業委員候補者の評価に当たり、推薦または募集に応じた者の活動歴等の審査を行うとともに、必要に応じて、面接その他市長が適当と認める方法により審査を行うものとする。

(評価委員)

第3条 評価委員会の委員は次の職にあるものとし、市長が任命する。

(1) 副市長

(2) 産業部長

(3) 総務部長

(4) 農業委員会事務局長

(委員長)

第4条 評価委員会に委員長および副委員長を1名置き、委員長は副市長、副委員長は産業部長をもってそれぞれ充てる。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときまたは欠けたときはその職務を代理する。

(会議)

第5条 評価委員会の会議は、市長の求めに応じて委員長が招集する。

2 委員長は委員会の議長となる。

3 評価委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数の場合は、議長の決するところによる。

(選考基準)

第6条 委員は、評価基準(別表1)により農業委員を評価する。ただし、法第8条第5項、第6項および第7項の規定に沿うよう総合的に判断する。

2 評価の内容については公表しないこととする。

(守秘義務)

第7条 委員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この訓令は、平成28年12月28日から施行する。

別表1(第6条関係)

評価委員がそれぞれ、推薦を受けた者または応募のあった者について次の区分毎に採点し、得た点数の合計の上位の者を選考する。

第1区分(農業者としての資格区分)※該当する区分に応じた点数を付与する。





区分

点数


(1) 法第8条第5項第1号または第2号に規定する者

(認定農業者(個人・法人の役員等))

3点

(2) 法施行規則第2条第1号イからヌまでに規定する者

(認定農業者であった者・認定農業者の親族・集落営農組織の役員等)

2点

第2区分(年齢・性別区分)※該当者に点数を付与する。





区分

点数


青年(50歳未満)、女性、利害関係を有しない者

5点

第3区分(推薦区分)※該当者に点数を付与する。





区分

点数


若狭農業協同組合、小浜市土地改良協会からの推薦

3点

第4区分(土地条件区分)※該当者に点数を付与する。





区分

点数


条件不利地域の農業を熟知する者

3点

第5区分(評価区分)※下記の評価基準に応じた点数を付与する。





区分

点数


農地等の利用の最適化の推進に係る熱意や識見


・経歴、推薦理由、応募理由から判断する。

(評価基準)

非常に優れている 9~10点

優れている 7~8点

普通 5~6点

やや劣る 3~4点

劣る 1~2点

小浜市農業委員会委員候補者評価委員会運営規程

平成28年12月28日 訓令第21号

(平成28年12月28日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成28年12月28日 訓令第21号