○大潟村議会傍聴規則

昭和63年3月28日

議会規則第2号

(この規則の目的)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第130条第3項の規定に基づき、傍聴に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(傍聴の手続)

第2条 会議を傍聴しようとする者(以下「傍聴人」という。)は、先着順に所定の場所で自己の住所、氏名を傍聴人受付票(様式第1号)に記入しなければならない。

(議場への入場禁止)

第3条 傍聴人は、議場に入ることはできない。

(傍聴席に入ることができない者)

第4条 傍聴人のうち、次に該当する者は、傍聴席に入ることができない。

(1) 人に危害を加え、又は迷惑を及ぼすおそれのある物を携帯している者。

(2) 垂れ幕や鉢巻など威力や気勢を他に示すことができるものを携帯、又は着用している者。

(3) メガホンや拡声機類及び音響機器、撮影機器、録音機器を携帯している者。ただし、携帯用の情報通信機器はこの限りではない。

(4) 楽器類又は下駄など、音が出るものを携帯、又は着用している者。

(5) 酒気を帯びていると認められる者

(6) 威圧的な服装や公序良俗に反する服装をしている者

(7) その他議長が不適切と判断した者。

2 議長は、傍聴人に対し、自ら或いは係員をして質問することができ、これに応じないときは、その者の入場を禁止することができる。

3 必要と認めるとき、議長は、傍聴人の人員を制限することができる。

(傍聴人の守るべき事項)

第5条 傍聴人は、傍聴席にあるときは、静粛を旨とし、次の事項を守らなければならない。

(1) 拍手その他の方法により公然と可否を表明しないこと。

(2) 私語を慎み、大きな声や音を発しないこと。

(3) 威力や気勢を他に示すような行為をしないこと。

(4) 特別な理由が無い場合は、帽子、外とう、又はサングラスやマスクの類を着用しないこと。

(5) 飲食又は喫煙をしないこと。

(6) みだりに席を離れないこと。

(7) 品位に欠けるような行為又は他人の迷惑となる行為をしないこと。

(8) 議場の秩序を乱し、又は議事の妨害となるような行為をしないこと。

(撮影及び録音、通信等の禁止)

第6条 傍聴人は、写真、動画の撮影及び音声の録音、通信をしてはならない。また、情報通信機器を使用してはならない。

(傍聴人の退場)

第7条 傍聴人がこの規則に違反したとき、及び議長が必要と判断したときは、傍聴人を退場させることができる。

附 則

この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成25年4月1日議会規則第1号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成30年12月13日議会規則第1号)

この規則は、平成30年12月13日から施行する。

画像

大潟村議会傍聴規則

昭和63年3月28日 議会規則第2号

(平成30年12月13日施行)