○大潟村コミュニティ会館管理運営規則

昭和57年12月27日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、大潟村コミュニティ会館設置条例(昭和57年大潟村条例第21号)の定めるところにより、大潟村コミュニティ会館(以下「会館」という。)の管理運営について、必要な事項を定めるものとする。

(管理運営の責任)

第2条 村長は、会館の施設及び設備の管理運営を総括する。

2 会館の管理運営は、次のとおりとする。

名称

管理者

大潟村南コミュニティ会館

東2丁目1自治会長

大潟村北2丁目コミュニティ会館

北2丁目4自治会長

大潟村北1丁目コミュニティ会館

北1丁目自治会長

(用途)

第3条 会館は、次の用途に使用する。

(1) スポーツ、レクリエーション文化活動などコミュニティに関する活動

(2) 各種集会、研修、実習、展示活動など社会教育に関する活動

(3) 営利を目的としない相互扶助などに関する活動

(4) その他村長が特に必要と認める活動

(使用時間)

第4条 会館の使用時間は、午前9時から午後9時までとする。ただし、管理者が特に必要と認めたときは、使用時間を変更し、又は休館とすることができる。

(使用許可の申請手続き)

第5条 会館使用の許可を受けようとするものは、当該使用日の2日前までに使用許可申請書(第1号様式)を管理者に提出しなければいけない。ただし、管理者が、特に必要と認めた使用については、この期間によらないことができる。

2 管理者は、会館の使用を適当と認めたときは許可するものとする。

(使用者の遵守事項)

第6条 会館を使用するものは、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 火気の取扱いに注意し、使用後は消火を確認すること。

(2) 施設及び備付け備品等は、丁寧に取扱い汚損き損等のないようにつとめること。

(3) 施設内は常に清潔の保持につとめること。

(4) 管理者の承認を得ないで物品を展示し、若しくは販売し、又は寄付金等の行為をしないこと。

(5) 使用後は備付日誌に使用状況を記載するとともに戸締りを確認して鍵を返納すること。

(6) その他管理者の指示に従うこと。

(使用の停止又は取消し)

第7条 管理者は、会館を使用するものが次の各号の一に該当すると認めたときには、その使用を停止し、又はこれを取消すことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗をみだすなど公益に反するおそれがあるとき。

(2) 会館の施設及び設備をき損するなど管理上支障があると認めるとき。

(3) 使用許可申請書に偽りの記載があるとき。

(4) その他管理者が不適当と認めるとき。

(損傷又は亡失の報告)

第8条 会館の使用者は、会館の施設及び設備の一部若しくは全部を損傷し、又は亡失した場合はすみやかに管理者に報告し指示を受けなければならない。

(委任)

第9条 この規則で定めるもののほか、会館の管理運営について、必要な事項は、管理者が村長の許可を得て別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和58年12月22日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年3月22日規則第1号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成25年6月6日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

大潟村コミュニティ会館管理運営規則

昭和57年12月27日 規則第8号

(平成25年6月6日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節 村民センター・コミュニティ
沿革情報
昭和57年12月27日 規則第8号
昭和58年12月22日 規則第9号
平成8年3月22日 規則第1号
平成25年6月6日 規則第2号