○大潟村単純労務職員の旅費に関する規則

昭和40年5月10日

規則第10号

第1条 この規則は、単純労務の職員の旅費に関し必要な事項を定めるものとする。

第2条 職員に対し支給する旅費の額およびその支給方法については、大潟村職員等の旅費に関する条例(昭和50年条例第8号。以下「条例」という。)の適用を受ける一般職の職員の例による。

2 前項の規定により、条例第2条第2項の規定を適用される一般職の職員の例による場合において、単純な労務に雇用される職員の給与の基準を定める規則(昭和51年規則第10号)第3条に規定する給料表による号給の職務が、行政職給料表による級の職務に相当する職務は、大潟村職員等の旅費に関する規則(昭和51年規則第13号)別表第1に掲げる職務とする。

附 則

この規則は、条例施行の日から施行する。

附 則(昭和60年12月25日規則第13号)

この規則は、公布の日から施行する。

大潟村単純労務職員の旅費に関する規則

昭和40年5月10日 規則第10号

(昭和60年12月25日施行)

体系情報
第5編 与/第4章
沿革情報
昭和40年5月10日 規則第10号
昭和60年12月25日 規則第13号