○大潟村多目的運動広場設置条例

平成17年9月27日

条例第26号

(設置)

第1条 レクリェーションスポーツの振興を図り、余暇を活用し村民の創造性と融和に資するため、大潟村多目的運動広場(以下「運動広場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 運動広場の名称及び位置は次のとおりとする。

名称

位置

大潟村多目的運動広場

大潟村字北1丁目2番地1

(使用の許可)

第3条 運動広場を使用する者は、教育委員会の許可を受けなければならない。

(使用許可の取り消し等)

第4条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用の許可を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止させることができる。

(1) 不正な行為により使用の許可を受けたとき。

(2) 使用の目的を変更したとき。

(3) 村長の指示に従わなかったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、運動広場の管理上支障が生じたとき。

(使用料の徴収)

第5条 運動広場においてグラウンドゴルフをする者からは、別表に定めるところにより、使用料を徴収する。

(使用料の減免)

第6条 村長は、特別な理由があると認めたときは、使用料を減免することができる。

(使用料の不還付)

第7条 既に徴収した使用料は、還付しない。ただし、村長は、使用者の責めに帰することができない理由により運動広場を使用することができなくなった場合その他特に必要があると認めた場合は、その一部又は全部を還付することができる。

(指定管理者による管理)

第8条 運動広場の管理は、法人その他の団体であって村長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者の業務)

第9条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 使用の許可、使用の許可の取り消し並びに使用の制限及び停止に関する業務

(2) 施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 運動広場の利用促進に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、運動広場の管理に関し村長が必要と認める業務

2 前条の規定により運動広場の管理を指定管理者に行わせる場合における運動広場の使用についての第3条及び第4条の規定の適用については、これらの規定中「教育委員会」とあるのは、「指定管理者」とする。

(管理の基準)

第10条 指定管理者は、前条第2項の規定により読み替えて適用される第4条に定めるもののほか、使用期間及び使用時間に関する基準その他規則で定める管理の基準に従って運動広場の管理を行わなければならない。

(利用料金の収受)

第11条 第8条の規定により運動広場の管理を指定管理者に行わせる場合は、指定管理者は、運動広場を使用する者から利用料金を自己の収入として収受するものとする。この場合において、第5条から第7条までの規定は、当該使用者については、適用しない。

(利用料金の承認)

第12条 利用料金は、指定管理者があらかじめ村長の承認を受けて定めるものとする。これを変更するときも、同様とする。

2 村長は、前項の承認の申請があった場合において、当該申請に係る利用料金が次に掲げる基準に適合していると認めるときは、同項の承認をしなければならない。

(1) 別表の規定を基準として定められていること。

(2) 第9条第1項各号に掲げる業務の適切な運営に要する費用に照らし妥当なものであること。

(3) 特定の使用者に対し不当な差別的取扱いをすべきものでないこと。

3 村長は、第1項の承認をしたときは、速やかに当該承認をした利用料金を公告するものとする。

4 指定管理者は、第1項の承認を受けた利用料金を運動広場において公衆の見やすいように掲示しておかなければならない。

(利用料金の減免)

第13条 指定管理者は、特別の理由があると認めたときは、利用料金を減免することができる。

(利用料金の不還付)

第14条 指定管理者が既に収入として収受した利用料金は、還付することができない。ただし、指定管理者は、使用者の責めに帰することができない理由により運動広場を使用することができなくなった場合その他特に必要があると認めた場合は、その一部又は全部を還付することができる。

(規則への委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第5条関係)

区分

使用の単位

使用料の額

グラウンドゴルフ利用

大人(高校生以上)1人につき

200円

小人(中学生以下)1人につき

100円

大潟村多目的運動広場設置条例

平成17年9月27日 条例第26号

(平成17年9月27日施行)