○大潟村特別養護老人ホーム設置条例

平成17年9月27日

条例第29号

(目的及び設置)

第1条 老人福祉の増進を図るため老人福祉法(昭和38年法律第133号)第15条第3項の規定に基づき、特別養護老人ホームを設置する。

(名称及び位置)

第2条 特別養護老人ホームの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

大潟村特別養護老人ホームひだまり苑

大潟村字西3丁目3番地

(使用料)

第3条 利用者の使用料は、国が定める基準額の範囲内において別表に定める額とする。

2 使用料は、介護施設を利用してサービスを受ける者から、その利用の都度徴収する。ただし、村長は、入所者及び特別の理由があると認められる者については、後納させ、又は分納させることができる。

(指定管理者による管理)

第4条 特別養護老人ホームの管理は、法人その他の団体であって村長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第5条 指定管理者は次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 特別養護老人ホームの施設及び設備の維持管理に関する業務

(2) 前号に掲げるもののほか、特別養護老人ホームの運営に関する事務のうち村長が定める業務

(管理の基準)

第6条 指定管理者は、使用期間及び使用時間に関する基準その他の規則で定める管理の基準に従って特別養護老人ホームの管理を行わなければならない。

(委任規定)

第7条 この条例に定めるもののほか、特別養護老人ホームの管理運営に関し必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

区分

使用料の額

介護保険事業による

サービス費用

介護保険法の規定による指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(平成12年厚生省告示第19号)及び指定施設サービスによる費用の額の算定に関する基準(平成12年厚生省告示第21号)に基づき算定した額。ただし、これにより難い場合にあっては、適正な原価を基礎として村長が定める額

食材費

実費

大潟村特別養護老人ホーム設置条例

平成17年9月27日 条例第29号

(平成17年9月27日施行)