○大潟村村民センター管理運営規則

平成22年12月16日

規則第25号

大潟村村民センター管理運営規則(昭和61年大潟村規則第3号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、大潟村村民センター設置条例(平成22年大潟村条例第17号。以下「条例」という。)第20条の規定に基づき、大潟村村民センター(以下「センター」という。)の管理運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(使用時間)

第2条 センターの使用時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、村長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 センターの休館日は、12月31日から翌年1月5日までとする。ただし、村長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(使用許可の手続)

第4条 センターを使用しようとする者は、当該使用日の3日前までに使用許可申請書(第1号様式)を村長に提出しなければならない。ただし、村長が特に必要と認めた使用については、この期間によらないことができる。

2 村長は、センターの使用を適当と認めたときは、使用許可書(第2号様式)の交付により許可するものとする。

(使用者の遵守事項)

第5条 センターを使用する者(以下「使用者」という。)は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 火気の取扱いに注意し、使用後は消火を確認すること。

(2) 施設及び備付け備品等は、丁寧に取扱い汚損、き損等のないようにつとめること。

(3) 施設内は常に清潔の保持につとめること。

(4) 村長の承認を得ないで物品を展示し、若しくは販売し、又は寄付金等の行為をしないこと。

(5) その他村長の指示に従うこと。

(損傷又は亡失の報告)

第6条 使用者は、センターの施設及び設備の一部若しくは全部を損傷し、又は亡失した場合は、すみやかに村長に報告し、指示を受けなければならない。

(使用料の減免)

第7条 条例第10条の規定により、使用料を減額し、又は免除できる場合は次のとおりとする。

(1) 官公署が公務のために使用するとき。 免除

(2) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による扶助を受けている者が使用するとき。 免除

(3) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に定める身体障害者が使用するとき。 免除

(4) 村内に住所を有しない者が、公益のために行う集会又は事業を村の執行機関と共催するとき。 10分の3減額

(5) その他特に村長が公益上必要と認めたとき。 10分の10以内の減額

(使用料減免の手続)

第8条 センターの使用料の減免を受けようとする者は、使用料減免申請書(第3号様式)に使用許可書を添えて、村長に申請し、承認を受けなければならない。

2 村長は、使用料減免申請書が提出された場合は、審査のうえ、減免通知書(第4号様式)を交付するものとする。

(指定管理者による管理)

第9条 センターの管理を指定管理者に行わせる場合は、第2条から第7条の適用については、これらの規定中「村長」とあるのは「指定管理者」とし、「使用料」とあるのは「利用料金」とし、「条例第10条」とあるのは「条例第18条」とする。

(報告)

第10条 指定管理者は、センターの使用及び管理の状況を、毎月村長に報告するものとする。

(委任)

第11条 この規則で定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

大潟村村民センター管理運営規則

平成22年12月16日 規則第25号

(平成22年12月16日施行)