○大潟村保育の必要性の認定等に関する規則

平成27年3月31日

教委規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)第20条の規定に基づき、保育の必要性の認定等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則における用語の意義は、法の例による。

(保育の必要性の認定)

第3条 村長は、子ども・子育て支援法施行規則(平成26年内閣府令第44号。以下「府令」という。)第1条の規定により、保育の必要性の認定を行うものとする。

(就労時間の下限)

第4条 府令第1条第1号に規定する村が定める時間は、1月において64時間とする。

(保育の必要量の認定)

第5条 村長は、府令第4条の規定により、保育の必要量の認定を行うものとする。

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

大潟村保育の必要性の認定等に関する規則

平成27年3月31日 教育委員会規則第1号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉等
沿革情報
平成27年3月31日 教育委員会規則第1号