○大潟村放課後児童クラブ設置条例施行規則

平成31年3月26日

教委規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、大潟村放課後児童クラブ設置条例(平成31年大潟村条例第1号)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 大潟村放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)には放課後児童支援員(以下「支援員」という。)を置く。

(支援員の職務及び指導内容)

第3条 支援員の職務は、次のとおりとする。

(1) 児童クラブ内での児童の保護及び遊びを通しての育成指導

(2) 児童の出欠の確認、事故防止、室内の管理運営

(3) 経過を記録するため日誌の記録

(4) その他事業実施に必要な事項

(利用対象者)

第4条 児童クラブを利用できる児童は、大潟村に住所を有する小学校就学児童で、かつ保護者が就労、疾病等により昼間家庭にいない児童とする。ただし、村長が必要と認めるときは、この限りでない。

(定員)

第5条 児童クラブの一日あたりの利用定員は40人とする。

(利用登録)

第6条 保育を希望する保護者は、放課後児童クラブ登録申請書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。

2 村長は、前項により申請があったときは、その内容を審査し、利用を許可する場合は、放課後児童クラブ登録決定通知書(様式第2号)により、不許可とする場合は、放課後児童クラブ登録却下通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(利用手続き及び許可)

第7条 保育を希望する保護者は、あらかじめ村長が指定する期日までに放課後児童クラブ利用・変更届出書(様式第4号)を村長に提出しなければならない。

2 保護者は、前項の届出に変更があったときは、変更日までに支援員へ報告し、また当該月の末日までに放課後児童クラブ利用・変更届出書(様式第4号)を村長に提出しなければならない。

(利用登録の取消)

第8条 村長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、放課後児童クラブの利用登録を取り消すことができ、放課後児童クラブ利用登録取消通知書(様式第5号)により当該保護者に通知するものとする。

(1) 児童が第4条に該当しなくなったとき。

(2) その他、管理運営上支障があると認めるとき。

(保育時間)

第9条 保育時間は、次のとおりとする。ただし、村長が特に必要があると認めたときは、これを変更することができる。

(1) 月曜日から金曜日まで 小学校の授業終了後から午後6時まで

(2) 長期休業日及び振替休業日 午前8時から午後6時まで

(休業日)

第10条 休業日は、次のとおりとする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 土曜日及び日曜日

(3) 12月31日から翌年1月5日まで

(4) 前各号に掲げるもののほか、村長が特に必要と認めた日

(経費の徴収)

第11条 大潟村放課後児童クラブ設置条例(平成31年大潟村条例第1号。以下「条例」という。)第3条に係る保育料の額は、児童1人につき月額5,000円とする。ただし、1ヵ月の実利用日数が13日未満の場合は、実利用日数に1日当たり400円を乗じて得た額とする。

2 前項に定められた保育料のほかに、保育に必要な経費の実費を徴収することができる。

3 保護者が保育料を滞納し、督促に応じない場合は、当該児童の保育を停止することができる。

(保育料の減免手続き)

第12条 条例第4条に規定する減免を受けようとする保護者は、その事由を証明する書類を添えて、放課後児童クラブ保育料減免願(様式第6号)を村長に提出しなければならない。

2 村長は、保育料の減免を決定したときは、放課後児童クラブ保育料減免通知書(様式第7号)を交付するものとする。

3 村長は、保育料の減免を取り消した場合は、放課後児童クラブ保育料取消通知書(様式第8号)を交付するものとする。

(委任)

第13条 この規則の施行に関し、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(大潟村放課後児童クラブ保育料徴収規則の廃止)

2 大潟村放課後児童クラブ保育料徴収規則(平成27年3月31日教育委員会規則第5号)を廃止する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大潟村放課後児童クラブ設置条例施行規則

平成31年3月26日 教育委員会規則第3号

(平成31年4月1日施行)