○小郡市の国民健康保険事業の運営に関する協議会規則

昭和30年3月31日

規則第5号

第1条 国民健康保険法(昭和33年法律第192号)の規定による小郡市の国民健康保険事業の運営に関する協議会(以下「協議会」という。)は、政令又は小郡市国民健康保険条例(昭和34年小郡町条例第85号。以下「条例」という。)に定めるもののほか、この規則による。

(平30規則8・一部改正)

第2条 協議会は、条例第2条の委員定数の2分の1以上の出席がなければ会議を開くことができない。

第3条 協議会は、会長が招集する。ただし、委員定数の2分の1以上のものから招集の請求があった場合は、協議会を開かなければならない。

2 会長は、協議会を招集するときは、市長に通知しなければならない。

第4条 協議会の議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第5条 協議会の議長は、会長が当たり議事を整理し、協議会の事務を総理する。

第6条 協議会は、被保険者その他利害関係者の出席を求め、説明させることができる。

第7条 会長は、職務遂行上必要な資料を市長に要求することができる。

2 市長は、前項の請求を受けたときは、これを提出しなければならない。

第8条 議長は、協議会の書記をして会議録を調製し、会長の指名する出席委員が署名しなければならない。

第9条 委員が辞職しようとするときは、市長に届け出なければならない。

2 会長がその職をやめようとするときは、協議会の承認を得なければならない。

第10条 協議会は、特別の事由のない限り、年1回以上又は諮問のあった都度協議会を開かなければならない。

(平20規則14・一部改正)

第11条 協議会の庶務は、市民福祉部国保年金課において処理する。

(平30規則8・追加、平30規則19・一部改正)

この規則は、公布の日から施行し、昭和30年4月1日から適用する。

(昭和47年3月31日規則第80号)

この規則は、昭和47年4月1日から施行する。

(昭和58年4月18日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和58年4月1日から適用する。

(平成3年6月28日規則第13号)

この規則は、公布の日から施行し、平成3年4月1日から適用する。

(平成20年6月25日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成30年3月23日規則第8号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(平成30年6月22日規則第19号)

この規則は、平成30年7月1日から施行する。

小郡市の国民健康保険事業の運営に関する協議会規則

昭和30年3月31日 規則第5号

(平成30年7月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 険/第1節 国民健康保険
沿革情報
昭和30年3月31日 規則第5号
昭和47年3月31日 規則第80号
昭和58年4月18日 規則第2号
平成3年6月28日 規則第13号
平成20年6月25日 規則第14号
平成30年3月23日 規則第8号
平成30年6月22日 規則第19号