○小郡市飼い犬管理条例

昭和50年12月27日

条例第25号

(目的)

第1条 この条例は、狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)その他法令に定めがあるもののほか、飼い犬の保護管理等について定めることにより、飼い犬が人及び家畜等(以下「人畜等」という。)に害を加えることを防止し、日常生活の安全と公衆衛生の向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例で「飼い主」とは、現に犬を所有し、占有し、又は管理する者をいい、「飼い犬」とは、飼い主のある犬をいう。

(飼い主等の義務)

第3条 飼い主は、飼い犬を飼育又は管理している場所においては、飼い犬の習性等に応じ、丈夫な綱若しくは鎖等でつなぎ、又はおり、柵の中に入れて人畜等に害を加えることのないようにけい留しなければならない。

2 飼い犬を飼育していることを明らかにするために、門戸その他見易い場所に規則で定める標識を掲示しなければならない。

3 飼い犬が道路、公園、学校等公共の場所又は他人の士地若しくは物件を不潔にし、傷つけ、荒すことのないようにしなければならない。

4 飼い犬を連行し、又は移動させるときは、確実に制御できる者が、丈夫な綱若しくは鎖等をつけ、人畜等に害を加えるおそれがある場合は、口輪をかけなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合はこの限りでない。

(1) 子犬等で、人畜等に害を加えるおそれがないことが明らかであるとき。

(2) 警察犬、狩猟犬又は盲導犬等をその目的のために使用するとき。

(3) 人畜等に害を加えるおそれのない方法又は場所で移動し、訓練若しくは運動させるとき。

(4) その他規則で定めるところにより、害を加えるおそれがないと認めるとき。

(清潔の保持)

第4条 飼い主は、飼い犬を飼育、管理している場所を常に清潔にするとともに、ふん尿その他汚物を衛生的に処理し害虫発生の防止及び駆除に努めなければならない。

(捨て犬の禁止)

第5条 何人も犬を捨ててはならない。

2 飼い主が飼い犬の飼育をやめる場合は、新たに飼い主がある場合のほか、当該飼い犬を市長に引き渡さなければならない。この場合において、市長は飼い犬を引き取る日時、場所を指定することができる。

(こう傷犬の届出又は検診)

第6条 飼い主は、飼い犬が人をかんだときは、速やかに市長に届出るとともに、獣医師の検診を受け、その獣医師の診断書を添えて市長に状況の報告をしなければならない。

2 前項の飼い主は、飼い犬が再び人をかむことのないように口輪をつけ、特に注意してけい留しなければならない。

(診断書交付の義務)

第7条 飼い主は、飼い犬にかまれた者又はその代理人から当該飼い犬に係る狂犬病その他疾病の有無について診断書の交付を求められた場合は、速やかにその交付をしなければならない。

(措置命令)

第8条 市長は、飼い主が第3条及び第6条第2項の規定に違反していると認めるときは、当該飼い主に対し、危害防止又は清潔保持のために必要な措置をとるよう命ずることができる。

(立入調査)

第9条 市長は、この条例の目的を達成するため必要であると認めるときは、当該職員をして、飼い主の士地その他関係ある場所に立入調査をさせ、又は関係者から必要な事情を聴取し、若しくは報告させることができる。

2 前項の場合においては、当該職員の身分を示す証票を携帯し、関係者の請求があればこれを提示しなければならない。

3 何人も正当な理由がなく、第1項に規定する立入調査事情聴取又は報告を拒んではならない。

(飼い犬指導員)

第10条 市長は、飼い犬に関する意識の向上及び啓もうを図るため、飼い犬の適正な管理について指導し、又は相談を受け、その他この条例の目的達成に協力する者として、飼い犬指導員を置くことができる。

(罰則)

第11条 次の各号のいずれかに該当する者は、3万円以下の罰金又は科料に処する。

(1) 人をかんだことのある犬を第5条第1項の規定に違反して捨てた者

(2) 人をかんだ犬を第6条第1項の規定に違反して、検診させなかった者又は届出しなかった者

(3) 第8条の規定による措置命令に従わなかった者

2 次の各号のいずれかに該当する者は、1万円以下の罰金又は科料に処する。

(1) 前項第1号の規定に該当する場合を除き、第5条第1項の規定に違反して犬を捨てた者

(2) 第7条の規定に違反して、診断書を交付しなかった者

(3) 第9条第1項の規定に違反して、立入調査を拒み、妨害し、若しくは忌避し、又は偽りの報告をした者

(両罰規定)

第12条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても罰金又は科料を科する。

(委任)

第13条 この条例の施行について必要な事項は、市長が、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

小郡市飼い犬管理条例

昭和50年12月27日 条例第25号

(昭和50年12月27日施行)