○小千谷市地域福祉センター条例

平成18年7月26日

条例第30号

小千谷市地域福祉センター条例(平成12年小千谷市条例第11号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 本市は、老人及び介護保険法(平成9年法律第123号)による要介護認定又は要支援認定を受けた者に対するデイサービスを提供し、市民福祉の増進を図るため、小千谷市地域福祉センター(以下「地域福祉センター」という。)を設置する。

2 地域福祉センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

地域福祉センターみなみ

小千谷市真人町丁73番地3

(指定管理者の指定等)

第2条 次に掲げる地域福祉センターの管理運営に関する業務は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(1) 老人デイサービスに関する業務

(2) 地域福祉センターの施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) その他地域福祉センターの管理運営に関し市長が特に必要と認める業務

2 市長は、指定管理者を指定しようとするときは、小千谷市の公の施設の指定管理者の指定手続に関する条例施行規則(平成15年小千谷市規則第43号。以下「指定手続に関する規則」という。)で定めるところにより公募するものとする。

3 市長は、前項の規定にかかわらず、指定管理者の指定の期間の満了に伴い指定管理者を指定する場合で、指定管理者として指定されているもの(以下「現指定管理者」という。)から提出させた事業計画書その他指定手続に関する規則で定める書類等を審査し、かつ、実績等を考慮して、現指定管理者が当該地域福祉センターの設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるときは、現指定管理者を指定管理者として指定することができる。

(利用時間)

第3条 地域福祉センターの利用時間は、午前7時30分から午後6時30分までとする。

(休館日)

第4条 地域福祉センターの休館日は、12月29日から翌年の1月3日までとする。

(利用時間及び休館日の変更)

第5条 前2条の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、あらかじめ市長の承認を得て、利用時間若しくは休館日を変更し、又は臨時に休館することができる。

(秘密を守る義務)

第6条 指定管理者の役員及び職員は、業務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(個人情報の管理)

第7条 指定管理者は、個人に関する情報(以下「個人情報」という。)の漏えいの防止その他の個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じなければならない。

2 指定管理者の役員及び職員は、業務上知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならない。その職を退いた後も同様とする。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、平成18年9月1日から施行する。

小千谷市地域福祉センター条例

平成18年7月26日 条例第30号

(平成18年9月1日施行)