○市花

昭和47年4月8日

決定

『おおむらざくら』

八重桜を二つに重ねたかっこうの独特の二段咲きをして、花の外側にあるがく片の数は、10枚(普通の桜は5枚)で、花弁の総数は、少ないもので60枚、多いものは200枚にも達するなどの特長があり、ピンク色の優美なことで有名である。

市花

昭和47年4月8日 種別なし

(昭和47年4月8日施行)

体系情報
第1編 規/第1章 市制施行
沿革情報
昭和47年4月8日 種別なし