○市木

平成元年6月1日

決定

『イチイガシ』

常緑高木で樹皮は暗褐色又は灰褐色で、小柄はよく分岐し、葉は有柄で互生し、やや枝端に集まり、先は尖り、もとは鋭形で縁辺の上部に短芒に終る鋭鋸歯がある。

雌雄同株。雄花穂は新枝の下部より下垂し、雌花穂は新枝の上部の葉のつけねに生ずる。

5月開花し、当年の10月~11月頃堅果成熟する。

市木

平成元年6月1日 種別なし

(平成元年6月1日施行)

体系情報
第1編 規/第1章 市制施行
沿革情報
平成元年6月1日 種別なし