○大村市表彰規則

昭和42年2月14日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、本市の市政の発展及び産業、文化等の振興に貢献し、その功績が顕著なものを表彰し、もって本市の向上発展を図り、市民の福祉の増進に資することを目的とする。

(平29規則34・一部改正)

(表彰の基準)

第2条 市長は、次の各号のいずれかに該当する個人又は団体のうち特に功績が顕著なものを表彰する。

(1) 地方自治の振興に貢献したもの

(2) 産業の振興に貢献したもの

(3) 社会福祉の向上及び民生の安定に貢献したもの

(4) 保健及び環境の向上に貢献したもの

(5) 教育文化の振興に貢献したもの

(6) 自己の危険をかえりみず人命を救助したもの

(7) 災害等の防護及び復旧に貢献したもの

(8) 交通安全及び犯罪の防止に貢献したもの

(9) 徳行が特に優れ、他の模範となるもの

(10) まちづくりに貢献したもの

(11) 国際・国内交流に貢献したもの

(12) 芸術、文化、技能、スポーツ等において特別に優秀な成績を収めたもの

(13) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に表彰に値すると認めるもの

(平19規則14の2・平29規則34・一部改正)

(表彰の方法)

第3条 表彰は、市長が表彰状及び記念品又は記念品料を授与して行う。

2 被表彰者が死亡した者であるとき、又は被表彰者が表彰を受ける以前に死亡したときは、その遺族に表彰状及び記念品又は記念品料を授与する。

(被表彰者名簿の記録等)

第4条 被表彰者の氏名、業績その他必要な事項は、被表彰者名簿(別記様式)に記録するとともに、市政だよりに掲載して公表する。

(平29規則34・一部改正)

(表彰の時期)

第5条 表彰は、毎年2月11日の市制施行記念日に行う。ただし、市長が必要があると認めるときは、これを変更し、又は随時にこれを行うことができる。

(表彰審査委員会)

第6条 被表彰者の選考及び表彰に関する重要事項を審査するため大村市表彰審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、委員長及び委員若干人で組織する。

3 委員長は、副市長をもって充て、委員は、市職員のうちから市長が命ずる。

(平19規則14の2・一部改正)

(委員長の職務)

第7条 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

2 委員長に事故があるときは、委員長の指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第8条 委員会は、必要に応じて委員長が招集する。

2 会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(委員長及び委員の除斥)

第9条 委員長及び委員は、自己若しくは父母、祖父母、配偶者、子、孫又は兄弟姉妹に関する事案については、その審議に参与することができない。ただし、委員会の同意があったときは、会議に出席し、発言することができる。

(庶務)

第10条 委員会の庶務は、秘書課において処理する。

(昭52規則4・昭54規則24・平9規則10・平19規則14の2・平23規則10・平29規則14・平29規則34・一部改正)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年1月16日規則第4号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年10月29日規則第24号)

1 この規則は、昭和54年11月1日から施行する。

附 則(平成9年3月25日規則第10号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月31日規則第14号の2)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日規則第14号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年11月10日規則第34号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

大村市表彰規則

昭和42年2月14日 規則第2号

(平成29年11月10日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
昭和42年2月14日 規則第2号
昭和52年1月16日 規則第4号
昭和54年10月29日 規則第24号
平成9年3月25日 規則第10号
平成19年3月31日 規則第14号の2
平成23年3月31日 規則第10号
平成29年3月31日 規則第14号
平成29年11月10日 規則第34号