○職員の服務の宣誓に関する規程

昭和26年7月10日

選管規程第7号

(目的)

第1条 この規程は、職員の服務の宣誓に関する条例(昭和26年大村市条例第12号。以下「条例」という。)第4条の規定に基づき、職員の服務の宣誓に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(任命権者の定める上級の公務員)

第2条 条例第2条に規定する任命権者の定める上級の公務員とは、次に掲げる者とする。

(1) 事務局長及び主任以外の職員にあっては事務局長

2 前項に規定する上級の公務員に事故があるときは、事務局の主任を上級の公務員とみなす。

(宣誓書の提出)

第3条 前条各項に規定する上級の公務員又は上級の公務員とみなされる者は、職員が宣誓書に署名したときは、速やかにその宣誓書を委員会に提出しなければならない。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和27年9月4日選管規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

職員の服務の宣誓に関する規程

昭和26年7月10日 選挙管理委員会規程第7号

(昭和27年9月4日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第3章 選挙管理委員会
沿革情報
昭和26年7月10日 選挙管理委員会規程第7号
昭和27年9月4日 選挙管理委員会規程第3号