○旧楠本正隆屋敷公開条例施行規則

平成6年6月23日

教委規則第8号

(目的)

第1条 この規則は、旧楠本正隆屋敷公開条例(平成6年大村市条例第12号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(開館時間)

第2条 旧楠本正隆屋敷(以下「旧屋敷」という。)の開館時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、大村市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認めるときは、開館時間を変更することができる。

(休館日)

第3条 旧屋敷の休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎週月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときはその翌日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

(3) 教育委員会が管理運営上必要があると認める日

2 前項の規定にかかわらず、同項第1号及び第2号の休館日において教育委員会が必要と認めるときは、開館することができる。

(入場手続き)

第4条 旧屋敷に入場しようとする者は、入場券(様式第1号)の交付を受けなければならない。

(平10教委規則1・一部改正)

(入場の制限)

第5条 次の各号の一に該当する者は、入場を断り、又は退場させることができる。

(1) 酒気を帯びている者

(2) 他人の迷惑となる行為をした者

(3) 場内の秩序を乱す行為をした者

(4) 係員の指示に従わない者

(5) その他旧屋敷の管理上支障があると認められる者

(令2教委規則5・一部改正)

(遵守事項)

第6条 入場者は、係員の指示に従うほか、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 喫煙をしないこと。

(2) 飲酒、飲食をしないこと。

(3) 施設、展示資料又は樹木等を損傷しないこと。

(4) 張り紙若しくは張り札をし、又は広告を表示しないこと。

(5) 畜類を入れないこと。

(6) その他教育委員会が管理上支障があると認める行為をしないこと。

(使用許可団体等)

第7条 条例第4条の規定による旧屋敷の一部とは、教育委員会が指定する和室とし、これを使用できるものは、大村市文化協会に加盟している文化団体及び教育委員会が適当と認めた団体とする。

2 前項の団体が和室を使用しようとする場合は、あらかじめ様式第2号による旧楠本正隆屋敷(和室)使用許可申請書を教育委員会に提出しなければならない。

3 教育委員会は、前項の申請書を受理し適当と認めたときは、様式第3号による旧楠本正隆屋敷(和室)使用許可書を交付する。

4 教育委員会は、前項の場合において、管理上必要があると認めたときは、使用の許可について条件を付することができる。

(平10教委規則1・一部改正)

(入場料等の減免)

第8条 市長は、特別の理由があると認める場合は、別に規則で定めるところにより使用料を減免することができる。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成6年10月1日から施行する。

附 則(平成10年1月28日教委規則第1号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月2日教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

様式 省略

旧楠本正隆屋敷公開条例施行規則

平成6年6月23日 教育委員会規則第8号

(令和2年3月2日施行)

体系情報
第7編 育/第5章 文化財
沿革情報
平成6年6月23日 教育委員会規則第8号
平成10年1月28日 教育委員会規則第1号
令和2年3月2日 教育委員会規則第5号