○大村市寡婦表彰要綱

昭和53年9月14日

告示第58号

(趣旨)

第1条 この要綱は、長年母子家庭の母として一家を支え子供の教育を全うし社会の発展のため貢献され他の模範となる寡婦の労をねぎらうため、記念品を贈りこれを表彰することを趣旨とする。

(平23告示63・一部改正)

(対象者)

第2条 表彰の対象となる者は、本市に居住する者で寡婦となって40年以上独力で子供の養育を果たし他の模範となる者とする。

(平8告示57・一部改正)

(記念品)

第3条 記念品は、金杯とする。

(表彰)

第4条 表彰は、地区母子会、民生委員等の推薦調書(別記様式)により推薦された者で、次条に規定する審査を経て、市長が適当と認めた者について行う。

2 前項の推薦調書の提出期限は、毎年4月15日までとする。

(審査)

第5条 被表彰者の選出決定に際し審査委員会を開催するものとする。

2 審査委員会の構成は、次のとおりとする。

福祉事務所長、こども家庭課長、社会福祉協議会会長、母子寡婦福祉連合会会長及び副会長並びに地区民生委員協議会総務

(昭55告示15・平元告示81・平8告示95・平19告示69・平23告示63・一部改正)

(表彰の期日)

第6条 表彰は、毎年5月に行う。

(平7告示72・全改)

附 則

1 この要綱は、告示の日から施行する。

2 昭和53年における表彰は、第4条第2項及び第6条の規定にかかわらず、推薦調書の提出期限は昭和53年9月末日までとし、表彰の期日は昭和53年10月中とする。

附 則(昭和55年3月31日告示第15号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年8月8日告示第81号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年4月1日告示第72号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年3月28日告示第57号)

この要綱は、平成8年4月1日から施行し、平成8年度の予算に係る表彰から適用する。

附 則(平成8年4月12日告示第95号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成8年4月1日から適用する。

附 則(平成10年1月9日告示第6号)

この要綱は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月31日告示第69号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日告示第63号)

この告示は、平成23年4月1日から施行する。

(平10告示6・平23告示63・一部改正)

画像

大村市寡婦表彰要綱

昭和53年9月14日 告示第58号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
昭和53年9月14日 告示第58号
昭和55年3月31日 告示第15号
平成元年8月8日 告示第81号
平成7年4月1日 告示第72号
平成8年3月28日 告示第57号
平成8年4月12日 告示第95号
平成10年1月9日 告示第6号
平成19年3月31日 告示第69号
平成23年3月31日 告示第63号