○大村市母子家庭等児童の身元保証に関する条例施行規則

昭和32年3月23日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、大村市母子家庭等児童の身元保証に関する条例(昭和32年大村市条例第2号。以下「条例」という。)第9条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(身元保証申請の手続)

第2条 市長は、身元保証申請書を受理したときは、条例第3条各号に掲げる事項について調査の上適格者と認めた者に対し様式第1号の身元保証書を添付し知事に提出するものとする。

(身元保証台帳)

第3条 市長は、前条の身元保証書を発行したときは、様式第2号の母子家庭等児童の身元保証台帳に所要事項を登載するものとする。

(身元保証に関する契約)

第4条 知事が、身元保証契約を締結したときは、様式第3号に準じ身元保証に関する契約書を作成するものとする。

(求償)

第5条 条例第8条の規定による求償は、様式第4号によるものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年3月22日規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平元規則8・一部改正)

画像

(平元規則8・一部改正)

画像

(平元規則8・一部改正)

画像

(平元規則8・一部改正)

画像

大村市母子家庭等児童の身元保証に関する条例施行規則

昭和32年3月23日 規則第3号

(平成元年3月22日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
昭和32年3月23日 規則第3号
平成元年3月22日 規則第8号