○大村市国民健康保険はり、きゅう施術規則

昭和36年11月7日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、本市が行う国民健康保険のはり、きゅうに関する施術について、必要な事項を定めるものとする。

(平17規則3・一部改正)

(施術担当者の指定)

第2条 国民健康保険のはり、きゅうを担当するはり師又はきゅう師(以下「施術担当者」という。)は、次の各号に掲げる要件を備える者のうちから市長が指定する。

(1) はり師又はきゅう師の免許を受けていること。

(2) 市内に施術所を有すること。

(指定の申請)

第3条 施術担当者の指定を受けようとする者は、第14条第1号に定める国民健康保険はり、きゅう施術担当者指定申請書に、次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) はり師又はきゅう師の免許証の写し

(2) 施術営業届出済証の写し

(3) 営業証明書及び身分証明書

(平20規則7・一部改正)

(指定書の公布)

第4条 市長は、施術担当者に指定したときは、第14条第2号に定める施術担当者指定証を交付する。

(標示板の掲示)

第5条 施術担当者は、施術所の見やすいところに第14条第3号に定める標示板を掲示しなければならない。

(施術担当者の辞退)

第6条 施術担当者は、施術の担当を辞退しようとするときは、その1月前までに第14条第4号に定める国民健康保険はり、きゅう施術担当者辞退届を市長に提出しなければならない。

(施術担当方針)

第7条 施術担当者は、被保険者の施術に当たっては、親切を旨とし、施術に関し必要な事項は、わかりやすく指導しなければならない。

(施術の範囲)

第8条 はり、きゅうに関する施術の範囲は、はり術及びきゅう術の2術とし、末梢神経疾患及び運動器疾患に対し行うものとする。

(施術に対する保険者の負担額)

第9条 保険者の負担するはり、きゅうの施術料は、予算の範囲内において1術及び2術にかかわらず1回につき700円とし、被保険者1人につき月8回以内とする。

(昭44規則7・昭45規則15・昭47規則6・昭49規則4・昭50規則10・昭51規則21・昭53規則4・昭55規則6・昭61規則3・平2規則4・平8規則9・平17規則3・平20規則7・平22規則6・一部改正)

(施術の手続)

第10条 施術担当者は、被保険者から施術を求められたときは、被保険者証の提示を求め、その資格があることを確かめた後、施術を行うものとする。

2 施術担当者は、はり、きゅうの施術を行ったときは、その都度第14条第5号に定める国民健康保険はり、きゅう施術明細書に必要な事項を記載し、被保険者の確認印を受けなければならない。

(平20規則7・平22規則6・一部改正)

(施術料金の支払方法)

第11条 市長は、施術担当者から、施術費の請求があったときは、前3条の規定に照して審査した上、第9条に規定する額を支払う。

2 前項の請求は、国民健康保険はり、きゅう施術費請求書により、きゅう施術明細書を添えその月分を翌月10日までに提出しなければならない。

(施術録の備付等)

第12条 施術担当者は、被保険者の施術の内容を明らかにするため、第14条第6号に規定する国民健康保険被保険者施術録を備え、施術の都度、所定の事項を記入しなければならない。

2 市長は、必要に応じ前項の施術録及び施術明細書を閲覧することができる。

3 国民健康保険被保険者施術録は、完結の日から3年間保存しなければならない。

(平20規則7・一部改正)

(指定の取消し又は停止)

第13条 市長は、施術担当者が次の各号のいずれかに該当する場合は、指定を取り消し、又は期間を定めて指定を停止することができる。

(1) 第2条各号に掲げる要件を欠くに至ったとき。

(2) 故意に不当な施術料金の請求をしたとき。

(3) 前2号に掲げる場合を除くほか、この規則の規定に違反したとき。

(平20規則7・一部改正)

(施術等に係る文書の様式)

第14条 次の各号に掲げる文書の様式は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 国民健康保険はり、きゅう施術担当者指定申請書 (様式第1号)

(2) 施術担当者指定証 (様式第2号)

(3) 標示板 (様式第3号)

(4) 国民健康保険はり、きゅう施術担当者辞退届 (様式第4号)

(5) 国民健康保険はり、きゅう施術明細書 (様式第5号)

(6) 国民健康保険被保険者施術録 (様式第6号)

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和36年10月1日から適用する。

附 則(昭和41年4月20日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和44年4月1日規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和45年8月13日規則第15号)

この規則は、昭和45年9月1日から施行する。

附 則(昭和47年3月28日規則第6号)

この規則は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年3月30日規則第4号)

この規則は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年3月31日規則第10号)

この規則は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年10月1日規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年3月31日規則第4号)

この規則は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年3月31日規則第6号)

この規則は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年2月15日規則第3号)

この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成2年3月16日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の負担金は平成2年4月1日以後の施術に係る分から適用し、同日前の施術に係る負担金については、なお従前の例による。

附 則(平成8年3月25日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の負担金は平成8年4月1日以後の施術に係る分から適用し、同日前の施術に係る負担金については、なお従前の例による。

附 則(平成17年3月15日規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第9条の規定は、平成17年4月1日以後の施術に係る負担金について適用し、同日前の施術に係る負担金については、なお従前の例による。

附 則(平成20年3月31日規則第7号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第9条の規定は、平成20年4月1日以後の施術に係る負担金について適用し、同日前の施術に係る負担金については、なお従前の例による。

附 則(平成22年3月31日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第9条の規定は、平成22年4月1日以後の施術に係る負担金について適用し、同日前の施術に係る負担金については、なお従前の例による。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大村市国民健康保険はり、きゅう施術規則

昭和36年11月7日 規則第11号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 険/第1節 国民健康保険
沿革情報
昭和36年11月7日 規則第11号
昭和41年4月20日 規則第10号
昭和44年4月1日 規則第7号
昭和45年8月13日 規則第15号
昭和47年3月28日 規則第6号
昭和49年3月30日 規則第4号
昭和50年3月31日 規則第10号
昭和51年10月1日 規則第21号
昭和53年3月31日 規則第4号
昭和55年3月31日 規則第6号
昭和61年2月15日 規則第3号
平成2年3月16日 規則第4号
平成8年3月25日 規則第9号
平成17年3月15日 規則第3号
平成20年3月31日 規則第7号
平成22年3月31日 規則第6号