○大村市裏見の滝自然花苑条例

平成8年6月28日

条例第16号

(設置)

第1条 市民の健全な保養地として、森林浴及び自然散策の場を提供し、もって市民の豊かな生活環境の確保に寄与するため、大村市裏見の滝自然花苑(以下「自然花苑」という。)を設置する。

(位置)

第2条 自然花苑は、大村市立福寺町20番地1におく。

(入場料)

第3条 4月から5月までの期間(当該期間において、毎年市長が定めて告示する期間に限る。)に自然花苑に入場しようとする者(小学校就学前の者を除く。)は、入場料を入場の際に納入しなければならない。

2 前項の入場料は、1人1回につき200円とする。

(平16条例20・追加、平20条例25・一部改正)

(入場料の減免)

第4条 市長は、特別の理由があると認めるときは、入場料を減免することができる。

(平16条例20・追加)

(入場料の返還)

第5条 既納の入場料は、返還しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を返還することができる。

(平16条例20・追加)

(管理)

第6条 市長は、管理上必要があると認めるときは、自然花苑への入場を制限し、又は退場させることができる。

(平16条例20・旧第3条繰下)

(損害賠償等)

第7条 自然花苑では、何人も自然花苑の施設、器具その他工作物を損傷し、又は滅失したときは、現状に回復するか、又はそれによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない事由があると認めたときは、この限りでない。

(平16条例20・旧第4条繰下)

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平16条例20・旧第5条繰下)

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年3月24日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年6月23日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

大村市裏見の滝自然花苑条例

平成8年6月28日 条例第16号

(平成20年6月23日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第5章
沿革情報
平成8年6月28日 条例第16号
平成16年3月24日 条例第20号
平成20年6月23日 条例第25号