○大村市都市公園管理人服務規程

昭和49年4月1日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、大村市都市公園(以下「公園」という。)の管理業務の適正を期するため、都市公園管理人(以下「管理人」という。)の服務について必要な事項を定めるものとする。

(業務の範囲)

第2条 管理人は課長の命を受けて、午前2時間、午後2時間程度公園の維持管理の業務に従事するものとする。

(業務の方法)

第3条 前条の業務の方法は、おおむね次のとおりとする。

(1) 課長の命を受けて、あらかじめ定められた時間及び要領により公園内の巡視を行い、条例で規定する禁止行為等の有無を点検すること。

(2) 前号のほか、必要があると認めるときは、随時公園内を巡視し、異状の有無を点検すること。

2 管理人は、公園内に異状があると認めるときは、必要な措置を講ずるとともに、翌日その状況を課長に報告しなければならない。

(注意義務)

第4条 管理人は、第2条に規定する業務に従事するに当たっては、常に善良なる管理者の注意をもって管理しなければならない。

(管理人に事故がある場合の措置)

第5条 管理人は、病気その他の事情により、第2条に規定する業務に従事することができないと認める場合には、あらかじめ課長にその理由及び期間を申し出て、その指示を受けるものとする。

(補則)

第6条 この規程に定めるもののほか、管理人の服務について必要な事項は、課長が定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

大村市都市公園管理人服務規程

昭和49年4月1日 訓令第4号

(昭和49年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第2章 都市計画・公園
沿革情報
昭和49年4月1日 訓令第4号