○大村市準用河川占用料等徴収条例

平成12年3月27日

条例第5号

(趣旨)

第1条 この条例は、河川法(昭和39年法律第167号。以下「法」という。)第100条第1項の規定において準用する法第32条第1項の規定に基づき、市長が徴収する土地占用料及び土石採取料その他の河川産出物採取料(以下「占用料等」という。)の額及び徴収方法について必要な事項を定めるものとする。

(占用料等)

第2条 占用料等の額は別表第1及び別表第2のとおりとする。

(占用料等の減免)

第3条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、占用料等を減免する。

(1) 国又は地方公共団体が営利を目的としない工事又は事業のために自ら占用又は採取するとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、市長が公益上その他特別の理由があると認めたとき。

(占用料等の返還)

第4条 既納の占用料等は、返還しない。ただし、河川法施行令(昭和40年政令第14号)第18条第2項第2号に該当するとき又は市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を返還することができる。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し、必要な事項は規則で定める。

(過料)

第6条 詐欺その他不正の行為により、土地占用料の徴収を免れたものは、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

附 則

この条例は、平成12年4月1日から施行する。ただし、第6条の規定は、平成12年6月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

土地占用料

種類

単位

占用料(円)

1

電気、電話、広告、ガス、水道等施設

電柱、電話柱、広告塔その他これらに類するもの及び水道管、下水道管、ガス管その他の事業用各種管類

大村市道路占用料等徴収条例(昭和28年大村市条例第24号)別表に定める単位及び期間並びに占用料

2

交通施設

道路、橋

1平方メートル

55

3

土木建設

仮設工作物

1平方メートル

150

鉱工業施設

材料置場

1平方メートル

120

備考

1 占用物件の面積が1平方メートル未満であるとき、又はその面積に1平方メートル未満の端数があるときは、その面積又はその端数の面積は1平方メートルとして計算するものとする。

2 占用の期間が1年未満であるとき、又はその期間に1年未満の端数があるときは、月割をもって計算するものとする。この場合において、1月未満の端数があるときは、1月として計算するものとする。

別表第2(第2条関係)

土石採取料その他の産出物採取料

品目

単位

金額(円)

 

1

土砂

1立方メートル

94

 

2

砂利

1立方メートル

139

 

3

栗石

1立方メートル

131

径 10センチメートル以内

4

玉石

1立方メートル

70

径 15センチメートル以内

5

野面石

1個

60

径 30センチメートル

控 45センチメートル以内

6

割石

1個

60

径 50センチメートル以内

7

転石

1個

82

径 50センチメートル以上

8

その他

その都度時価により定める額

備考

土砂、砂利、栗石又は玉石について採取する体積が1立方メートル未満であるとき、又はその体積に1立方メートル未満の端数があるときは、その体積又はその端数の体積は1立方メートルとして計算するものとする。

大村市準用河川占用料等徴収条例

平成12年3月27日 条例第5号

(平成12年3月27日施行)

体系情報
第10編 設/第4章
沿革情報
平成12年3月27日 条例第5号