○大村市消防表彰規則

昭和32年3月15日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、本市消防団員(以下「団員」という。)又はその他のもので消防上特に功労があると認めるものの表彰に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(表彰の種類)

第2条 表彰は、次の区分によって市長がこれを行う。

(1) 功労表彰

(2) 勤続表彰

(3) 団体表彰

(4) 一般表彰

(功労表彰)

第3条 功労表彰は、団員で次の各号の一に該当する者に対して行う。

(1) 消防任務の遂行上抜群の功績があったとき。

(2) 10年以上勤続した者が死亡し、又は退職したとき。

(3) 消防上有益な研究、発明又は発見をし、その功労特に顕著と認めるとき。

2 前項の表彰には、表彰状(前項第2号の場合は感謝状)、功労章及び賞金を授与するものとする。

(勤続表彰)

第4条 勤続表彰は、団員で次の各号の一に該当し、品行方正で職務に精励し、他の模範とするにたる者に対して行う。

(1) 勤続15年以上のもの

(2) 勤続25年以上のもの

(3) 勤続30年以上のもの

(4) 勤続35年以上のもの

(5) 勤続40年以上のもの

2 前項の表彰には、表彰状、勤続章又は賞金を授与するものとする。

(昭53規則28・一部改正)

(団体表彰)

第5条 団体表彰は、団又は分団で消防任務遂行上特に功労が顕著で他の模範とするにたると認めるものに対して行う。

2 前項の表彰には、表彰状及び賞金を授与するものとする。

(一般表彰)

第6条 一般表彰は、団員以外の個人又は団体で消防上特に顕著な功労があると認めるものに対して行う。

2 前項の表彰には、感謝状、賞金又は記念品を授与するものとする。

(表彰の時期)

第7条 第3条第1項第2号及び前条の規定による表彰はそのつど、その他の表彰は毎年消防出初式の際行うものとする。ただし、これにより難いときは、この限りでない。

(遺族の表彰の承継)

第8条 死亡した者が表彰を受けるとき又は表彰を受けるべき者が表彰を受ける以前に死亡したときは、その遺族に表彰状その他を授与する。

(徽章の着用)

第9条 功労章、勤続章は、団員が制服着用の際常に上衣右胸下に着用するものとする。ただし、服務上支障があるときは、この限りでない。

(功労章等の返納)

第10条 功労章、勤続章を授与された者が、禁こ以上の刑に処せられ、懲戒免職処分を受けたときは返納させ、ふさわしくない非行があったときは、これを着けることを停止し、又はこれを返納させることができる。

(徽章の形状及び制式)

第11条 功労章及び勤続章の形状及び制式は、別表第1及び別表第2のとおりとする。

(表彰審査委員会)

第12条 表彰の適否を審査するため、消防表彰審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(組織)

第13条 委員会は、委員長及び委員若干人で組織する。

2 委員長は市長とし、委員は大村市職員及び団員の中から市長が命じ、又は委嘱する。

(職務)

第14条 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

2 委員長に事故があるときは、委員長の指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第15条 委員会は、必要に応じて委員長が招集する。

2 会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(処務)

第16条 委員会の庶務は、安全対策課において処理する。

(平9規則10・一部改正)

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の際現に在職する団員で、この規則施行前に表彰された者は、この規則によって表彰されたものとみなす。

3 この規則施行の際現に在職する団員で、この規則施行後退職するものの勤続期間の算定については、消防団員、警防団員として在職した期間を通算するものとする。

附 則(昭和33年1月27日規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和32年4月10日から適用する。

附 則(昭和47年3月28日規則第3号)

この規則は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年12月22日規則第28号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年3月25日規則第10号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

別表第1(第11条関係)

(昭53規則28・一部改正)

功労章及び勤続章の形状

功労章

裏面 表面

画像

勤続章

表面

裏面

画像

画像

別表第2(第11条関係)

(昭53規則28・一部改正)

功労章及び勤続章の制式

1 功労章は、台地とも総金色とし、表面に「功労」とあらわす。

2 勤続章は、次のとおりとし、表面に「大村」、裏面に「何年勤続記念」とあらわす。

区別

15年以上

25年以上

30年以上

35年以上

40年以上

材質

真鍮

左に同じ

左に同じ

左に同じ

左に同じ

地金色

いぶし銀

左に同じ

金色

左に同じ

左に同じ

中央桜章

いぶし銀

金色

左に同じ

緑ラッカー

赤ラッカー

文字

金差し

左に同じ

左に同じ

左に同じ

左に同じ

桜葉の抱擁

いぶし銀

金差し

左に同じ

左に同じ

左に同じ

裏面

勤続記念

左に同じ

左に同じ

左に同じ

左に同じ

寸法

縦3.5センチメートル

横3センチメートル

左に同じ

左に同じ

縦5センチメートル

横3.5センチメートル

左に同じ

大村市消防表彰規則

昭和32年3月15日 規則第2号

(平成9年3月25日施行)