○大村市景観アドバイザーに関する要綱

平成14年12月17日

告示第341号

(趣旨)

第1条 この要綱は、大村市景観アドバイザー(以下「アドバイザー」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平27告示135・一部改正)

(職務)

第2条 アドバイザーは、次に掲げる職務を行う。

(1) 大村市景観条例(平成27年大村市条例第10号。以下「条例」という。)第23条又は第24条第1項の規定に基づく、景観づくり地域団体又は景観形成(条例第2条第1号に規定する景観形成をいう。以下同じ。)に寄与すると認められる行為をしようとする者への技術的援助としての助言又は指導

(2) 景観形成重点地区(条例第6条第2号に規定する景観形成重点地区をいう。)における建築物等の新築等の届出その他条例に基づき行われる届出に対して市長が行う助言又は指導のために必要な助言

(3) 前号に掲げるもののほか、景観形成に関し必要な市長に対する助言

(平27告示135・一部改正)

(委嘱)

第3条 アドバイザーは、景観形成に関し、幅広い知識と経験を有する者のうちから、若干人を市長が委嘱する。

(平27告示135・一部改正)

(委嘱期間等)

第4条 アドバイザーの委嘱期間は、3年とし、再委嘱されることを妨げない。

2 委嘱期間の途中でアドバイザーが欠けた場合における後任のアドバイザーの委嘱期間は、前任者の委嘱期間の残存期間とする。

3 第1項の規定にかかわらず、市長は、アドバイザーが心身の故障のため職務の遂行に堪えないと認めるとき、その他特別の理由があると認めるときは、同項の期間中においてもアドバイザーの委嘱を解くことができる。

(守秘義務)

第5条 アドバイザーは、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。アドバイザーでなくなった後も、また同様とする。

(景観づくり地域団体等からの助言の申請等)

第6条 第2条第1号に規定するアドバイザーの助言又は指導を希望する者は、景観アドバイザー助言等申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請書の提出を受け、助言又は指導の必要を認めて、アドバイザーを選定したときは、速やかに景観アドバイザー助言等決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

3 アドバイザーの助言又は指導を受けた者は、速やかに景観アドバイザー助言等実績報告書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(平27告示135・一部改正)

(市長からの助言依頼)

第7条 市長は、第2条第2号又は第3号に規定するアドバイザーの助言を求めようとする場合は、景観アドバイザー助言依頼書(様式第4号)により、アドバイザーに依頼するものとする。

(平27告示135・一部改正)

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成27年7月31日告示第135号)

この告示は、平成27年8月1日から施行する。

様式 省略

大村市景観アドバイザーに関する要綱

平成14年12月17日 告示第341号

(平成27年8月1日施行)

体系情報
第10編 設/第2章 都市計画・公園
沿革情報
平成14年12月17日 告示第341号
平成27年7月31日 告示第135号