○大村市建築関係図書の縦覧及び閲覧に関する要綱

平成21年3月2日

告示第25号

(趣旨)

第1条 この要綱は、建築基準法(昭和25年法律第201号)第86条第8項及び第93条の2の規定に基づく建築関係図書の縦覧及び閲覧(以下「閲覧等」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「建築関係図書」とは、次に掲げる書類をいう。

(1) 建築基準法施行規則(昭和25年建設省令第40号。以下「省令」という。)第10条の18に規定する認定計画書(省令別記第64号様式)

(2) 省令第11条の4第1項第1号の建築計画概要書(省令別記第3号様式)

(3) 省令第11条の4第1項第5号の処分等概要書(省令別記第37号様式)

(4) 省令第11条の4第1項第6号の全体計画概要書(省令別記第67号の4様式)

(閲覧等の場所)

第3条 建築関係図書の閲覧等の場所(以下「閲覧所」という。)は、大村市建築課内とする。

(平29告示55・一部改正)

(閲覧等の時間)

第4条 建築関係図書の閲覧等のできる時間は、大村市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例施行規則(昭和29年大村市規則第18号)第2条第1項に規定する勤務時間とする。

(閲覧所の休日)

第5条 閲覧所の休日は、大村市の休日を定める条例(平成3年大村市条例第26号)第1条第1項に規定する市の休日とする。

(閲覧等の時間又は閲覧所の休日の変更)

第6条 前2条の規定にかかわらず、市長は、建築関係図書の整理その他必要があると認めるときは、閲覧等の時間を変更し、又は臨時に閲覧所の休日を設けることができる。この場合において、市長は、その旨を閲覧所に掲示するものとする。

(閲覧等の申込み)

第7条 建築関係図書の閲覧等をしようとする者は、大村市建築関係図書閲覧等申込書(別記様式)に所定の事項を記入し、係員に提出しなければならない。

(建築関係図書の持出しの禁止)

第8条 建築関係図書の閲覧等をする者(以下「閲覧者等」という。)は、当該建築関係図書を閲覧所の外に持ち出してはならない。

(閲覧等の中止又は禁止)

第9条 市長は、閲覧者等が次の各号のいずれかに該当するときは、閲覧等を中止し、又は禁止することができる。

(1) この要綱又は係員の指示に従わないとき。

(2) 建築関係図書を汚損し、若しくは損傷し、又はそのおそれがあると認められるとき。

(3) 他人に迷惑を及ぼし、又はそのおそれがあると認められるとき。

(建築関係図書の弁償)

第10条 閲覧等をする場合において、建築関係図書を汚損し、損傷し、又は亡失した者は、相当の代価を弁償しなければならない。

附 則

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月29日告示第55号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

別記様式 略

大村市建築関係図書の縦覧及び閲覧に関する要綱

平成21年3月2日 告示第25号

(平成29年4月1日施行)