○大村市自転車の安全利用及び自転車等の放置防止に関する条例施行規則

平成26年6月30日

規則第24号

(定義)

第2条 この規則において使用する用語は、条例において使用する用語の例による。

(放置等の期間)

第3条 条例第10条第1項の注意札は、様式第1号とする。

2 条例第10条第2項に規定する規則で定める期間は、注意札を取り付けた日から起算して7日間とする。

3 条例第12条第1項に規定する規則で定める期間は、14日間とする。

(保管等の告示)

第4条 条例第11条第1項に規定する規則で定める事項は、次のとおりとする。

(1) 撤去した年月日

(2) 撤去の理由

(3) 保管場所

(4) 保管期間

(5) 保管期間経過後の措置

(6) 連絡先

(自転車等の保管期間)

第5条 条例第11条第2項に規定する規則で定める期間は、3月間とする。

(保管台帳の作成等)

第6条 市長は、条例第10条第2項又は第12条第1項の規定により撤去した自転車等については、防犯登録番号、形状等を自転車等保管台帳(様式第2号)に登録するものとする。

2 市長は、条例第10条第2項又は第12条第1項の規定により自転車等を撤去する場合において、当該自転車等が鍵、鎖等で工作物等につながれていることにより撤去が困難と認めるときは、当該鍵、鎖等を切断する等必要な措置を講ずることができる。

3 前項の規定による措置によって、自転車等の利用者等に損害が生じることがあっても、市はその責めを負わない。

(自転車等返還通知書)

第7条 市長は、条例第11条第1項の規定により必要な措置を講じた場合において、保管した自転車等の利用者等が判明したときは、自転車等返還通知書(様式第3号)により当該自転車等の利用者等に対し、速やかに引き取るよう通知するものとする。

(自転車等返還申請書兼受領書)

第8条 保管された自転車等の返還を受けようとする者は、自転車等返還申請書兼受領書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。この場合において、当該申請書兼受領書を提出した者は、当該自転車等の鍵その他当該自転車等の利用者等であることを証明するものを提示しなければならない。

附 則

この規則は、平成26年7月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

大村市自転車の安全利用及び自転車等の放置防止に関する条例施行規則

平成26年6月30日 規則第24号

(平成26年7月1日施行)