○大村市道の駅条例

平成27年12月18日

条例第46号

(設置)

第1条 道路利用者への良好な休憩の場の提供、地域情報の発信等を行うため、大村市道の駅(以下「道の駅」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 道の駅の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

長崎街道鈴田峠

大村市中里町452番地22

(利用の制限)

第3条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、道の駅の利用を制限することができる。

(1) その利用が公の秩序を乱し、又は風俗を害するおそれがあるとき。

(2) その利用が施設又は附属設備を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) その他道の駅の管理上支障があるとき。

(損害賠償等)

第4条 道の駅の施設又は附属設備を損傷し、又は滅失した者は、市長の指示に従い、直ちに原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

2 道の駅を利用する者は、その利用に関し、自己の責めに帰すべき事由により生じた一切の事故につきその責めを負うものとする。

(委任)

第5条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から起算して4月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成28年規則第5号で平成28年3月26日から施行)

大村市道の駅条例

平成27年12月18日 条例第46号

(平成28年3月26日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第5章
沿革情報
平成27年12月18日 条例第46号