○大村市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の加算額の支給に関する規則

平成29年2月1日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、大村市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年大村市条例第17号。以下「条例」という。)第3条に規定する農業委員会の会長及び委員並びに農地利用最適化推進委員(以下「農業委員等」という。)の加算額(以下「加算額」という。)の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(支給方法)

第2条 加算額は、長崎県から交付される農地利用最適化交付金の総額を、農業委員等の農地利用の最適化に関する活動及びその成果実績に応じて按分し支給する。

2 加算額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り上げるものとする。

3 加算額は、第1項の成果実績の確定後、速やかに支給するものとする。

(委任)

第3条 この規則に定めるもののほか、加算額の支給に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、農業協同組合法等の一部を改正する等の法律(平成27年法律第63号)の施行の際現に在任する農業委員会の委員の任期満了の日(選考による委員の全員が全てなくなったときは、そのなくなった日)の翌日から施行する。

大村市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の加算額の支給に関する規則

平成29年2月1日 規則第6号

(平成29年7月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成29年2月1日 規則第6号