○大村市ごみステーションの設置に関する要綱

平成29年6月30日

告示第174号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市民の良好な生活環境を保全し、安全かつ効率的にごみの収集を実施するため、ごみステーション(大村市廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(平成9年大村市規則第19号。以下「規則」という。)第11条第1項に規定するごみステーションをいう。以下同じ。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(基準)

第2条 ごみステーションは、次の各号に定める全ての要件を満たすものとする。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(1) 燃やせるごみ用のごみステーションにあってはおおむね10世帯以上が、燃やせないごみ又は資源物用のごみステーションにあってはおおむね20世帯以上が利用するものであること。

(2) 容易に、かつ、安全にごみ収集車の運行及びごみの収集作業を行うことができる場所であること。

(3) 歩行者の通行及び車両の交通に支障がない場所であること。

(設置の申出)

第3条 ごみステーションを設置しようとする者は、ごみステーションを設置しようとする土地の近隣住民に対し、説明を行った上で、設置する日の1か月前までにごみステーション設置申出書(様式第1号)に次の書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 設置場所の位置図及び現況の写真

(2) 利用者名簿

(3) 設置場所の土地の所有者の同意書

(現地調査)

第4条 市長は、前条の規定による申出があった場合は、必要に応じ、現地調査を行うものとする。この場合において、市長は、当該申出をした者の立会いを求めることができる。

(変更等の申出)

第5条 ごみステーションを設置した者は、第3条の申出書に記載した内容を変更しようとするときは変更する日の1か月前までに、ごみステーションを廃止しようとするときは廃止する日の1週間前までにごみステーション変更(廃止)申出書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(指定の取消)

第6条 市長は、規則第11条第1項の規定により指定したごみステーションが第2条に掲げる基準を満たさないときは、当該ごみステーションの指定を取り消すことができる。

附 則

この告示は、平成29年7月1日から施行する。

画像

画像

大村市ごみステーションの設置に関する要綱

平成29年6月30日 告示第174号

(平成29年7月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成29年6月30日 告示第174号