○大阪狭山市立テニスコート管理運営規則

平成6年12月22日

教委規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、大阪狭山市立テニスコート条例(平成6年大阪狭山市条例第20号。以下「条例」という。)第14条の規定に基づき、大阪狭山市立テニスコート(以下「テニスコート」という。)の管理及び運営について必要な事項を定めるものとする。

(使用許可の申請)

第2条 条例第7条の規定によりテニスコートの使用の許可(以下「使用許可」という。)を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、大阪狭山市立テニスコート使用許可申請書(様式第1号)を指定管理者(条例第3条に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に提出しなければならない。ただし、次項の規定による場合その他指定管理者が特に必要があると認める場合は、この限りでない。

2 スポーツ施設情報システム利用者登録カードの交付等に関する規則(平成7年大阪狭山市規則第16号)に基づき利用者登録カードの交付を受けている者は、大阪狭山市スポーツ施設情報システム(与えられた一連の処理手順に従って、情報提供、体育館等のスポーツ施設の利用等に係る事務を自動的に処理する電子的機器の組織で、中央処理装置、補助記憶装置及び入出力装置(端末機、電話機、パーソナルコンピュータ、ワードプロセッサ等通信回線を使用してデータを入出力することができる機能を有する機器をいう。)で構成されている体系をいう。以下「システム」という。)を利用して使用許可の申請をすることができる。

3 使用許可の申請の受付は、使用する日の3箇月前(申請者の住所(団体の場合は、その所在地)が本市以外である場合(本市に在勤し、又は在学する場合を除く。)には使用する日の1箇月前)から行うものとする。ただし、次項の規定による場合その他指定管理者が特に必要があると認める場合は、この限りでない。

4 テニスコートを使用する日が日曜日、土曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に該当する場合における当該使用許可の申請は、当該使用する日の属する月の3箇月前の日の属する月(以下「受付開始月」という。)の初日から受け付けるものとする。

(使用許可等)

第3条 使用許可の順位は、使用許可の申請がなされた順序によるものとする。ただし、前条第4項の規定により受け付けた使用許可の申請のうち、受付開始月の初日から同月10日までの間に受理したものに係る使用許可は、同月11日(以下「抽選日」という。)にシステムによる抽選の方法により決定するものとする。

2 指定管理者は、テニスコートの使用を許可したときは、大阪狭山市立テニスコート使用許可書(様式第2号)を当該申請者に交付するものとする。

3 前条第2項の規定によりシステムを利用して使用許可の申請をした者(以下「システム利用者」という。)に対しては、指定管理者は、当該申請に係るテニスコートの使用の諾否をシステムにより応答するものとする。この場合においては、前項の使用許可書の交付を省略することができる。

4 第1項ただし書のシステムによる抽選の方法により決定することとなる使用許可の申請をした者は、当該抽選日の翌日から7日以内(以下「履行期間」という。)に、口頭で又はシステムによって当該申請に係るテニスコートの使用の諾否を確認しなければならない。この場合において、テニスコートの使用を許可されたことを確認し、かつ、当該許可された内容に変更がないときは、当該申請者は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める手続を履行しなければならない。

(1) システム利用者が使用許可を受けた場合の手続 当該履行期間内にシステムによりその旨を指定管理者に通知すること。

(2) システム利用者以外の者が使用許可を受けた場合の手続 当該履行期間内に使用許可書を使用料の納付と引換えに受領すること。

5 前項後段に規定する場合において、当該使用許可を受けた者が同項各号に定める手続を履行しないときは、当該申請者が申請を取り下げたものとみなす。

(使用許可の変更及び取消しの申請)

第4条 テニスコートの使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、条例第7条の規定によりその使用について変更又は取消しをしようとするときは、直ちに大阪狭山市立テニスコート使用許可変更・取消申請書(様式第3号)前条の規定により交付を受けた使用許可書を添えて指定管理者に申請しなければならない。ただし、次項の規定による場合その他指定管理者が特に必要があると認める場合は、この限りでない。

2 システム利用者は、システムにより使用許可の取消しの申請をすることができる。

3 指定管理者は、第1項の規定による申請を適当と認めるときは、大阪狭山市立テニスコート使用許可変更・取消許可書(様式第4号)を交付するものとする。

4 前項に規定するもののほか、第2項の規定による使用許可の取消しの申請をしたシステム利用者に対しては、指定管理者は、システムにより当該申請に係る応答をするものとする。この場合においては、指定管理者は、前項の取消許可書の交付を省略することができる。

(使用時間)

第5条 テニスコートの使用時間は、使用許可を受けた時間とし、準備及び後始末に要する時間も含むものとする。

(使用の制限)

第6条 条例第8条第3号の規定により指定管理者が管理上支障があると認めるときは、おおむね次のとおりとする。

(1) 他人に危害又は迷惑を及ぼすおそれがあると認めるとき。

(2) 酒気を帯びていると認めるとき。

(3) 他人に危害若しくは迷惑を及ぼすおそれのある物品又は動物の類を携帯するとき。

(4) 連続して独占的に使用しようとするとき。

(5) その他指定管理者が気象条件等により使用を不適当と認めるとき。

(口座振替の方法による使用料の納付)

第7条 条例第11条第2項ただし書の規定により口座振替の方法により使用料を後納することができる場合は、システム利用者が使用料を納付するときとする。

2 口座振替の方法による使用料の納付手続については、スポーツ施設の利用者登録カードの交付等に関する規則に定めるところによる。

(使用料の減免)

第8条 条例第11条第1項ただし書の規定により使用料の減額又は免除(以下「減免」という。)をすることができる場合及びその額は、次項に規定するもののほか、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 市が主催又は共催する事業に使用するとき。 全額

(2) その他大阪狭山市教育委員会(以下「委員会」という。)が特に必要と認めるとき。 委員会が別に定める額

2 使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該各号に定めるところにより使用料を減免する。

(1) 災害その他使用者の責めに帰さない理由により使用できなくなったとき。 全額

(2) 第3条第5項の規定に該当するとき。 全額

(3) 使用する日の10日前までに使用許可の取消しの申請を行ったとき。 半額

3 使用料の減免を受けようとする者は、大阪狭山市立テニスコート使用料減免申請書(様式第5号)を委員会に提出しなければならない。ただし、前項の規定による場合は、この限りでない。

4 委員会は、使用料の減免を決定したときは、大阪狭山市立テニスコート使用料減免決定通知書(様式第6号)を交付するものとする。

(使用料の還付)

第9条 条例第12条ただし書の規定により使用料を還付することができる場合及びその額は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 災害その他使用者の責めに帰さない理由により使用できなくなったとき。 全額

(2) 使用する日の10日前までに使用許可の取消しの申請を行ったとき。 半額

(3) その他委員会が特に還付することが適当と認めたとき。 委員会が別に定める額

2 前項に規定する使用料の還付を受けようとする者は、大阪狭山市立テニスコート使用料還付申請書(様式第7号)により委員会に申請しなければならない。ただし、前項第1号の規定による場合は、この限りでない。

3 前項の規定による申請があった場合において使用料の還付を決定したときは、大阪狭山市立テニスコート使用料還付決定通知書(様式第8号)を交付するものとする。

(破損等の届出)

第10条 使用者の責めに帰すべき理由により、建物、附属設備等を汚損し、破損し、又は滅失したときは、直ちに大阪狭山市立テニスコート施設等汚損・破損・滅失届出書(様式第9号)により指定管理者に届け出なければならない。

(使用者の遵守事項)

第11条 使用者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 許可を受けていない施設又は附属設備を使用しないこと。

(2) 許可なくはり紙、ビラの配布等をしないこと。

(3) 暴力行為等他人に迷惑となるような行為をしないこと。

(4) 酒類を携帯しないこと。

(5) 施設及びその敷地内で喫煙しないこと。

(6) 使用した施設、附属設備等の整理整とん及び清掃をすること。

(7) 使用終了後は、直ちに届け出ること。

(8) その他指定管理者の指示に従うこと。

(委任)

第12条 この規則で定めるもののほか、必要な事項は、教育長と指定管理者が協議の上、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年10月19日教委規則第7号)

この規則は、平成7年11月1日から施行する。

附 則(平成7年11月24日教委規則第13号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月30日教委規則第14号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年5月20日教委規則第24号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の規則の様式により作成した用紙は、当分の間、所要の調整をした上、この規則による改正後の規則の様式により作成した用紙として使用することができる。

附 則(平成22年5月27日教委規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、平成22年6月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の規則の様式により作成した用紙は、当分の間、所要の調整をした上、この規則による改正後の規則の様式により作成した用紙として使用することができる。

附 則(平成25年9月26日教委規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は、平成25年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の規則等の規定は、この規則の施行の日以降に行われる手続等について適用し、同日前に行われた手続等については、なお従前の例による。

3 この規則による改正前の規則等の様式により作成した用紙は、当分の間、所要の調整をした上、この規制による改正後の規則等の様式により作成した用紙として使用することができる。

画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

大阪狭山市立テニスコート管理運営規則

平成6年12月22日 教育委員会規則第7号

(平成25年10月1日施行)

体系情報
第7編 教育・文化/第6章 市民施設
沿革情報
平成6年12月22日 教育委員会規則第7号
平成7年10月19日 教育委員会規則第7号
平成7年11月24日 教育委員会規則第13号
平成17年3月30日 教育委員会規則第14号
平成17年5月20日 教育委員会規則第24号
平成22年5月27日 教育委員会規則第2号
平成25年9月26日 教育委員会規則第10号