○大阪狭山市介護保険高額介護サービス費資金貸付基金条例

平成12年3月28日

条例第8号

(設置)

第1条 高額介護サービス費資金(以下「資金」という。)の貸付けに関する事務を円滑かつ効率的に行うため、大阪狭山市介護保険高額介護サービス費資金貸付基金(以下「基金」という。)を設置する。

(基金の額)

第2条 基金の額は、1,000,000円とする。

(管理)

第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。

(運用益金の処理)

第4条 基金の運用から生じる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して整理する。

(貸付けの対象)

第5条 資金は、大阪狭山市介護保険の被保険者で高額介護サービス費の支給を受けることができる者のうち資金の調達が困難なものに対して貸し付けるものとする。

(貸付けを受ける者の要件)

第6条 資金の貸付けを受ける者は、介護保険料を完納していなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(貸付金の額)

第7条 貸し付ける資金の額は、高額介護サービス費の10分の9に相当する額(その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)の範囲内で市長が定める額とする。ただし、その額が5,000円未満のものについては、貸付けを行わない。

(貸付条件)

第8条 資金の貸付条件は、次の各号に定めるところによる。

(1) 貸付けの利率 無利息

(2) 貸付期間 高額介護サービス費の受給日まで

(繰上償還)

第9条 市長は、資金の貸付けを受けた者が資金を貸付けの目的以外に使用したとき、又は貸付条件に従わなかったときは、資金の全部又は一部を繰上償還させることができる。

2 資金の貸付けを受けた者は、必要に応じ資金の全部又は一部を繰上償還することができる。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

大阪狭山市介護保険高額介護サービス費資金貸付基金条例

平成12年3月28日 条例第8号

(平成12年3月28日施行)