○大阪狭山市ごみ等のポイ捨て等の防止に関する条例施行規則

平成8年6月28日

規則第16号

(回収容器)

第2条 条例第7条に規定する自動販売業者は、自動販売機の設置場所から5メートル以内で、当該自動販売機の利用者が容器入り飲料の容器(以下「飲料容器」という。)の投入に支障のない場所に、次に掲げる要件を備えた回収容器を設置しなければならない。

(1) 材質は、金属、プラスチックその他容易に破損しないものであること。

(2) 形状は、安定性があり、かつ、飲料容器の投入が容易にできるものであること。

(3) 容積は、飲料容器の収納に対応できるものであること。

(身分証明書)

第3条 条例第8条第2項に規定する身分を示す証明書は、身分証明書(様式第1号)とする。

(勧告)

第4条 条例第9条の規定による勧告は、回収容器設置勧告書(様式第2号)又は回収容器適正管理勧告書(様式第3号)により行うものとする。

(命令)

第5条 条例第10条第3項の規定による命令は、回収容器設置命令書(様式第4号)又は回収容器適正管理命令書(様式第5号)により行うものとする。

(公表)

第6条 条例第10条第4項の規定による公表は、大阪狭山市公告式条例(昭和35年大阪狭山市条例第1号)の例によるほか、市広報紙に次の各号に掲げる事項を掲載して行うものとする。

(1) 事業者の住所(法人にあっては、その所在地)

(2) 事業者の氏名(法人にあっては、その名称及び代表者)

(3) 命令の内容及び命令に従わない旨

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成8年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

大阪狭山市ごみ等のポイ捨て等の防止に関する条例施行規則

平成8年6月28日 規則第16号

(平成8年6月28日施行)