○大阪狭山市西山霊園条例施行規則

昭和52年7月1日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、大阪狭山市西山霊園条例(昭和52年大阪狭山市条例第9号。以下「条例」という。)第17条の規定に基づき、同条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用許可の申請)

第2条 条例第4条第1項の規定により、霊園の使用許可を受けようとする者は、大阪狭山市西山霊園使用許可申請書(様式第1号)に住民票の写しを添えて、市長に提出しなければならない。

(許可証の様式)

第3条 条例第4条第2項に規定する霊園使用許可証(以下「許可証」という。)は、様式第2号によるものとする。

(使用の制限等)

第4条 条例第6条第1項に規定する霊園の使用に関する制限等は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 使用場所の区画を明らかにするため囲障を設けること。ただし、囲障の高さは、地面(霊園の通路の中央路面をいう。以下この条において同じ。)から35センチメートル以内とする。

(2) 盛土の高さは、地面から35センチメートル以内とすること。

(3) 碑石、形像類の高さは、地面から2メートル以内とすること。

(4) 植栽は、常に高さ1メートル以内に整形できる樹種を選ぶこととし、道路その他霊園の施設又は隣接地に障害を及ぼさないようにしなければならない。

(管理料の納期)

第5条 条例第8条第1項に規定する管理料は、毎年5月末日までに当該年度分を納付しなければならない。

(使用料の還付請求)

第6条 条例第9条第1項ただし書の規定により既納使用料の還付を受けようとする者は、大阪狭山市西山霊園使用料還付請求書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(許可証の再交付申請)

第7条 条例第10条第1項の規定により、許可証の再交付を受けようとする者は、大阪狭山市西山霊園使用許可証再交付・記載事項変更申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(霊園の返還届)

第8条 条例第11条第1項の規定により霊園を返還しようとする者は、大阪狭山市西山霊園使用場所返還届書(様式第5号)に許可証を添えて市長に提出しなければならない。

(承継使用の申請)

第9条 条例第16条の規定により霊園の使用権を承継しようとする者は、大阪狭山市西山霊園使用承継申請書(様式第6号)次の各号に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 前使用者の許可証

(2) 戸籍謄本又は抄本その他承継原因を証明する書類

(3) 承継人の住民票の写し

(霊園施設等工事の届出)

第10条 使用者は、霊園に碑石、形像類及びこれに附属する工作物を新設、改修又は模様替等をしようとするときは、大阪狭山市西山霊園施設等工事着手届書(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

2 使用者は、前項の工事が完成したときは、大阪狭山市西山霊園施設等工事完成届書(様式第8号)を市長に提出しなければならない。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年9月6日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の大阪狭山市西山霊園条例施行規則第7条の規定は、昭和54年8月1日以降に霊園使用場所の返還届書を提出した者について適用する。

附 則(昭和58年3月31日規則第2号)

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年9月30日規則第39号)

この規則は、昭和62年10月1日から施行する。

附 則(平成元年1月8日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の規則の様式により作成した用紙は、当分の間、所要の調整をした上、この規則による改正後の規則の様式により作成した用紙として使用することができる。

附 則(平成9年3月28日規則第3号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月31日規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成17年12月22日規則第57号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大阪狭山市西山霊園条例施行規則

昭和52年7月1日 規則第8号

(平成17年12月22日施行)