○大阪狭山市会計管理者及びその事務を代理する職員を定める規則

平成19年3月30日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第168条第1項の規定による会計管理者を置き、法第170条第3項の規定によりその事務を代理する職員を定めるものとする。

(会計管理者)

第2条 会計管理者は、大阪狭山市会計管理者の補助組織設置規則(平成19年大阪狭山市規則第4号)第1条に規定する出納室(以下「出納室」という。)の室長の職にある職員とする。

(会計管理者の事務の代理)

第3条 会計管理者に事故があるとき、その事務を代理する職員は、出納室の上席の職員とする。

2 前項の上席の職員は、次の各号の規定により上席である者とする。

(1) 職務の級(一般職の職員の給与に関する条例(昭和44年大阪狭山市条例第10号)に規定する職務の級をいう。以下同じ。)の多い者を上席とする。

(2) 職務の級が同じである者については、給料の号給の多い者を上席とする。

(3) 職務の級が同じであり、かつ、給料の号給も同じである者については、職員としての在職期間の長い者を上席とする。

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

大阪狭山市会計管理者及びその事務を代理する職員を定める規則

平成19年3月30日 規則第7号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第2節 代理・専決等
沿革情報
平成19年3月30日 規則第7号