○大阪狭山市会計管理者代決規程

平成19年3月30日

規程第2号

(目的)

第1条 この規程は、会計管理者の権限に属する事務の代決について、必要な事項を定めることにより、能率的な事務処理を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において「代決」とは、会計管理者が不在(出張、病気その他の事故等により決裁することができない状態をいう。以下同じ。)のときに、その権限に属する事務の処理について、一時的に会計管理者に代わり決裁をすることをいう。

(代決)

第3条 会計管理者が不在のときは、次の各号に掲げる順序により、当該各号の職にある者が代決する。

(1) 出納室室次長

(2) 出納室参事

(3) 出納室室次長補佐

(代決できる事項)

第4条 前条の規定による代決は、あらかじめ指示を受けた事項及び特に至急に処理しなければならない事項に限りすることができる。ただし、次に掲げる事項については、代決をしてはならない。

(1) あらかじめ代決をしてはならないと指示した事項

(2) 重要な事項又は異例若しくは疑義のある事項

(3) 紛争のある事項又は処理によって紛争が生じるおそれのある事項

(代決後の手続)

第5条 代決した事項については、あらかじめ指示を受けた事項を除き、速やかに会計管理者に報告し、又は文書等で会計管理者の閲覧に供しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成19年4月1日から施行する。

(大阪狭山市収入役の事務を兼掌する助役の事務決裁規程の廃止)

2 大阪狭山市収入役の事務を兼掌する助役の事務決裁規程(平成17年大阪狭山市規程第3号)は、廃止する。

附 則(平成24年3月30日規程第1号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日規程第5号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

大阪狭山市会計管理者代決規程

平成19年3月30日 規程第2号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第2節 代理・専決等
沿革情報
平成19年3月30日 規程第2号
平成24年3月30日 規程第1号
平成26年3月28日 規程第5号