○大阪狭山市貸出し用青色防犯パトロール車におけるドライブレコーダーの設置及び運用に関する要綱

平成29年3月31日

要綱第5号

(目的)

第1条 この要綱は、大阪狭山市青色防犯パトロール車の安全運行の意識向上を図るために設置したドライブレコーダーの運用に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(2) ドライブレコーダー 青色防犯パトロール車の車外前方の映像、音声及び運行情報(以下「データ」という。)を当該車両が始動してから停止するまでの間、次号に規定する記録媒体に記録する装置をいう。

(3) 記録媒体 データを電磁的方法により記録することができるハードディスク、メモリーカード、DVD等の媒体をいう。

(統括管理責任者等)

第3条 ドライブレコーダー及びデータを適正に管理するため、統括管理責任者及び管理責任者(以下「責任者等」という。)を置き、責任者等に充てる職員及び責任者等の責務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 統括管理責任者は、青色防犯パトロール車を担当する部長の職にある者をもって充て、ドライブレコーダー及びデータの管理を統括する。

(2) 管理責任者は、青色防犯パトロール車を担当するグループの課長の職にある者をもって充て、ドライブレコーダー及びデータを管理し、統括管理責任者を補佐する。

2 責任者等の指示又は許可に基づき、データの複写、保存、消去等の操作を適正に行うため、操作担当者を置く。

(データの利用等)

第4条 データは、次に掲げる目的に限り利用することができるものとする。

(1) 当該車両に関係する事故等が発生した場合の状況の確認及び分析並びに原因の究明

(2) 安全運行のために実施する研修及び安全運転教育

(使用上の遵守事項)

第5条 搭乗者は、ドライブレコーダーを管理責任者の許可を受けることなく操作又は点検をしてはならない。

2 操作担当者は、ドライブレコーダーを操作し、又は点検するときは、管理責任者の同伴を求めなければならない。

3 管理責任者は、ドライブレコーダーが常に正しく作動するよう措置を講ずるとともに、データは適切に保存し、管理しなければならない。

(その他)

第6条 この要綱の定めるもののほか、ドライブレコーダーの運用に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

大阪狭山市貸出し用青色防犯パトロール車におけるドライブレコーダーの設置及び運用に関する要…

平成29年3月31日 要綱第5号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第5節
沿革情報
平成29年3月31日 要綱第5号