○大阪狭山市学校職員安全衛生委員会規程

令和2年3月27日

教委規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、大阪狭山市学校職員安全衛生管理規則(令和2年大阪狭山市教育委員会規則第3号。以下「規則」という。)第12条第2項の規定に基づき、大阪狭山市学校職員安全衛生委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(調査審議事項)

第2条 委員会は、次に掲げる事項を調査審議し、大阪狭山市教育委員会にその結果を報告し、又は意見を具申するものとする。

(1) 学校職員の危険又は健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること。

(2) 学校職員の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること。

(3) 公務災害の原因及び再発防止対策で、安全又は衛生に係るものに関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、学校職員の危険又は健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項に関すること。

(組織)

第3条 委員会の委員は、次に掲げる者をもって構成する。

(1) 総括安全衛生管理者 1人

(2) 衛生管理者 1人

(3) 産業医 1人

(4) 学校職員で、安全又は衛生に関し経験を有するもののうちから総括安全衛生管理者が指名した者 7人以内

2 総括安全衛生管理者以外の委員の半数については、学校職員の過半数を代表する者の推薦に基づき指名するものとする。

(委員長等)

第4条 委員会に委員長を置き、委員長は総括安全衛生管理者をもって充てる。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 委員長に事故があるとき、又は欠けたときは、委員長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会は、委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 委員会は、毎月1回以上開催するようにしなければならない。

3 委員会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

4 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(委員の任期)

第6条 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(関係者の意見聴取)

第7条 委員長が必要と認めるときは、委員でない者を委員会へ出席させ、意見を述べさせることができる。

(記録の保存)

第8条 委員会が調査審議した事項は、記録し、保存しなければならない。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は、教育部において行う。

(委任)

第10条 この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

附 則

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

大阪狭山市学校職員安全衛生委員会規程

令和2年3月27日 教育委員会規程第1号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 教育・文化/第2章 学校教育
沿革情報
令和2年3月27日 教育委員会規程第1号