○大崎上島町災害見舞金支給要綱

平成30年8月30日

告示第81号

(目的)

第1条 この要綱は、大崎上島町に住所を有し、災害等により被災した者(以下「被災者」という。)に対して、災害見舞金(以下「見舞金」という。)を支給し、被災者の生活の安定に資することを目的とする。

(対象となる災害等の範囲)

第2条 見舞金の支給は、次の各号に掲げる災害等を対象とする。

(1) 広島地方気象台の発表する注意報及び警報並びに大阪管区気象台の発表する注意報及び警報が発せられた場合における自然現象に起因して被害が生ずる事象

(2) 火災、破裂、爆発、航空機の墜落その他これらに類する不虜の人為的災害

(支給対象者)

第3条 見舞金の支給対象者は、災害時に、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき、本町の住民基本台帳に記録されている者で、災害等を受けた現に居住している住家の世帯主とする。

(見舞金の支給)

第4条 被災者が災害等により住家に被害を受けた場合において、その住家が全壊又は半壊若しくは床上浸水したときは、支給対象者に見舞金を支給する。

2 見舞金の額は、別表のとおりとする。

(支給の制限)

第5条 災害等の発生原因が被災者の故意又は重大な過失により生じたものであるときは、見舞金を支給しないものとする。

(支給の決定)

第6条 支給の決定は、被災者から提出された別記様式による被災者名簿及び被災したことを証明する書類に基づいて行うものとする。

(支給の方法)

第7条 見舞金の支給は、口座振替の方法により支給するものとする。ただし、特段の事情があり、町長が必要があると認める場合は、資金前渡をして支給することができるものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行し、平成30年7月6日から適用する。

別表(第4条関係)

区分

焼破損割合

住家

災害等

全焼・全壊

70%以上

200,000円

半焼・半壊

20%以上

100,000円

床上浸水

一部損壊

50,000円

画像

大崎上島町災害見舞金支給要綱

平成30年8月30日 告示第81号

(平成30年8月30日施行)