○大郷町交通安全条例

平成10年12月21日

条例第27号

(目的)

第1条 この条例は、交通安全対策基本法(昭和45年法律第110号)第4条第1項の規定に基づき、大郷町、交通安全関係機関・団体等が一体となって交通安全教育及び交通安全広報啓発活動等の推進に努め、交通安全思想の高揚と交通道徳の涵養を図り、交通事故を防止し、もって安全で住みよい町づくりに寄与することを目的とする。

(町の責務)

第2条 町は、第1条の目的を達成するため、交通安全意識の高揚や交通安全の確保に関し、必要な施策の実施に努めなければならない。

2 町は、前項の施策の実施に当たっては、警察署、その他必要な関係機関・団体と緊密な連携を図らなければならない。

(町民の責務)

第3条 町民は、交通事故防止に努めるとともに、町が実施する施策に協力しなければならない。

(交通安全教育の推進)

第4条 町は、次の各号に掲げる対策を講じるなど、体系的な交通安全教育システムの構築に努め、健全な交通社会人の育成を図るものとする。

(1) 幼稚(保育)園児に、幼児教育や登降園等のあらゆる場面を通じ安全に行動できる習慣や態度を身につけさせるため、交通安全指導資料作成・配布や保母等の職員に対する講習会等の開催に努める。

(2) 小・中学校の児童生徒に、学校教育や登下校等のあらゆる場面を通じ歩行者としての安全な行動、自転車に関する安全な利用と交通マナーを身につけさせるため、学校と連携した交通安全教室の開催に努める。

(3) 高齢者に、公民館等で開催される高齢者教室等の機会を利用して、交通安全教育の推進に努めるほか、高齢者福祉関係行政に携わる者による交通安全教育受講助言や交通安全指導の実践に努める。

2 前項の対策の推進に当たっては、交通指導隊並びに警察、交通関係機関・団体との連携を図るものとする。

3 安全教育の推進に当たっては、交通安全知識を有する者を講師として委嘱することができる。

(良好な道路交通環境の確保)

第5条 町は、歩行者保護のため道路標識等の視認性の向上等良好な道路交通環境の整備を図り、安全で快適な道路の実現に努めなければならない。

2 町は、道路における良好な交通環境の実現を図るため、必要があると認めるときは、関係行政機関に対し、必要な措置を取るよう要請するものとする。

(交通安全モデル地区の指定)

第6条 町は、町民の交通安全意識の高揚を図るため、一定の地区を交通安全モデル地区として指定することができる。

2 モデル地区での事業については、町長が別に定めるものとする。

(飲酒運転の根絶)

第7条 町民は、飲酒運転が重大な交通事故を引き起こす原因となることを認識するとともに、家庭、職場等において飲酒運転の根絶のための活動を自ら実践しなければならない。

2 酒類を提供する飲食店を営む者は、飲酒をした客が車両を運転して帰宅しないよう確認する等、飲酒運転の防止に努めなければならない。

3 町は、町民による飲酒運転の根絶を図るため、警察署及び交通安全関係機関・団体等と連携し、広報啓発活動の推進に努めなければならない。

(平18条例13・追加)

(シートベルト等着用の徹底)

第8条 町は、町民のシートベルト、チャイルドシート及び乗車用ヘルメットの着用徹底と正しい着用を図るため、警察署及び交通安全関係機関・団体等と連携し、広報啓発活動の推進に努めなければならない。

(平18条例13・旧第7条繰下・全改)

(携帯電話等の使用禁止)

第9条 町は、車両の運転中における携帯電話等の使用根絶を図るため、警察署及び交通安全関係機関・団体等と連携し、広報啓発活動の推進に努めなければならない。

(平18条例13・追加)

(交通安全の確保に資する製品の利用促進)

第10条 町は、チャイルドシート、歩行補助車、反射材用品、その他交通安全の確保に資する製品の利用の促進に努めなければならない。

(平18条例13・旧第8条繰下)

(広報啓発及び情報の提供)

第11条 町は、町民に対し、交通安全に関する広報啓発活動を行うほか、交通安全に資する必要な情報を随時、適切な提供を行わなければならない。

(平18条例13・旧第9条繰下)

(交通死亡事故発生時の措置)

第12条 町は、交通死亡事故が発生した場合は、警察署や関係機関等と緊密な連携のうえ、現地調査を行うなどして、講じるべき安全対策を検討し、その結果に基づいた安全対策の実践に努めるものとする。

2 町は、交通死亡事故が連続的に発生し、緊急に交通安全対策を実施する必要がある場合は、交通安全対策会議の開催を求め、対策を協議するほか、必要に応じて「交通死亡事故非常事態宣言」を発令し、地域ぐるみによる交通死亡事故防止対策を講じるものとする。

(平18条例13・旧第10条繰下)

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が定める。

(平18条例13・旧第11条繰下)

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年条例第13号)

この条例は、公布の日から施行する。

大郷町交通安全条例

平成10年12月21日 条例第27号

(平成18年3月13日施行)