○大郷町交通指導隊条例

昭和39年10月1日

条例第26号

注 昭和61年3月から改正経過を注記した。

(通則)

第1条 この条例は、町内の交通安全を保持するために交通指導隊を設置し、その任免、給与、服務その他の事項に関し必要なことを定める。

(目的)

第2条 交通指導隊は、警察機関及び交通安全協会等と緊密な連絡を保ち交通の指導整理を行うことを主な任務とし、交通秩序の保持並びに交通事故防止に努めることを目的とする。

(任命)

第3条 交通指導隊員は、次の資格を有するものの中から、指導隊幹部は隊員より推薦されたものを町長が任命する。

(1) 本町に居住する年齢20歳以上65歳未満の者。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(2) 人格高潔、身体強健であって交通に関する法令に通じ、かつ指導力を有する者

(平24条例27・平29条例5・一部改正)

(定数及び編成)

第4条 隊員の定数は25人以内とし、次の構成により隊を編成する。

隊長 1人

副隊長 1人

分隊長 2人

隊員 21人以内

(平24条例27・平24条例31・平29条例5・一部改正)

(退職)

第5条 隊員は、退職しようとする場合は、あらかじめ文書をもって任命権者に願出でその許可を受けなければならない。

(懲戒)

第6条 隊員であって次の各号のいずれかに該当する者があるときは、任命権者は、これを懲戒するものとする。

(1) 交通に関する法令、規則等に違反したとき。

(2) 業務上の業務に違背し、又は職務を怠ったとき。

(3) 隊員たるにふさわしくない非行があったとき。

第7条 前条の懲戒は、次の区分によりこれを行う。

(1) 免職

(2) 停職(1か月以内の期間)

(3) 戒告

(平29条例5・一部改正)

(服務規律)

第8条 隊員は、隊長の招集によって出動し、服務しなければならない。

2 招集を受けない場合であっても、突発的事情(事故)により交通整理の必要があると認めたときは、あらかじめ指定するところに従い、直ちに出動し服務しなければならない。

3 分隊長は、それぞれの所属の隊員が出動し服務した場合は、書面をもって隊長を経由し、町長に報告しなければならない。

(平3条例3・平24条例27・一部改正)

第9条 隊員が出動する場合は、規定された制服を着用し警察官とまぎらわしい越権行為をしてはならない。

第10条 隊員は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 自ら交通法規を遵守し他の模範たることに努めなければならない。

(2) 住民に対し、常に交通事故の防止並びに交通法規の履行と遵守を指導監督し、交通安全の保持に努めなければならない。

(3) 指導整理に当っては、言動を慎しみいやしくも住民又は相手方に反感を抱かしめるようなことがあってはならない。

(4) 職務上知得した秘密又は個人の人格を傷つけるような事項を他にもらしてはならない。

(5) 貸与被服の保存管理に十分意を用いなければならない。

(報酬)

第11条 隊員には、次に定めるところにより報酬を支給する。

(1) 隊長 年額 72,000円

(2) 副隊長 年額 64,000円

(3) 分隊長 年額 58,000円

(4) 隊員 年額 54,000円

2 あらたに隊員となった者にはその月から報酬を支給し、退職、罷免又は死亡等により隊員でなくなった者には、その月まで支給する。この場合において、前項の規定による報酬額をそれぞれ月割で計算し、支給する。

3 隊員が、第1項第1号から第3号までに掲げるいずれかの職に就任し、又はこれらの職でなくなり及びこれらの職を異動する等の事由により報酬の額に異動を生じた者には、その月からあらたに定められた報酬を月割で計算し、支給する。

4 報酬の支給期日は、町長が別に定める。

(平3条例3・全改、平4条例5・平5条例6・平7条例3・平8条例3・平9条例7・平21条例11・平24条例27・一部改正)

(費用弁償)

第12条 隊員が、交通指導、交通整理及び訓練等の職務に従事する場合は、次により費用弁償を支給する。

(1) 交通指導、交通整理の場合 4時間未満 1,800円 4時間以上3,600円

(2) 訓練の場合 4時間未満 1,800円 4時間以上3,600円

(3) 会議等の場合 1日 1,500円

2 前項に規定する場合を除き、隊員が公務のため旅行したときは、その旅行について費用弁償として旅費を支給する。

3 前項に規定する旅費の額及び支給方法は、日当、宿泊料及び食卓料については、別表に掲げる額とし、その他の旅費については、一般職の職員の旅費の例による。

(平3条例3・追加・平5条例6・平10条例9・平29条例5・一部改正)

(公務災害補償)

第13条 隊員の公務上の災害に対しては、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償に関する条例(昭和42年大郷町条例第22号。以下この条において「災害補償条例」という。)によりその損害を補償する。この場合において災害補償条例第5条の補償基礎額については同条の規定にかかわらず、非常勤消防団員等に係る損害補償の例により定めるものとする。

(平3条例3・旧第12条繰下)

(服制)

第14条 交通指導隊員の服制については、別にこれを定め、すべて貸与品とする。

(平3条例3・旧第13条繰下)

附 則

この条例は、昭和39年10月1日から施行する。

附 則(昭和42年条例第15号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和42年12月1日から適用する。

附 則(昭和43年条例第12号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和43年4月1日から適用する。

附 則(昭和47年条例第5号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和47年4月1日から適用する。

附 則(昭和49年条例第3号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和49年4月1日から適用する。

附 則(昭和50年条例第7号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年条例第1号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年条例第3号)

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和53年4月1日から適用する。

附 則(昭和54年条例第3号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和54年4月1日から適用する。

附 則(昭和54年条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和55年条例第4号)

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年条例第6号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和56年4月1日から適用する。

附 則(昭和57年条例第5号)

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年条例第6号)

この条例は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年条例第5号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年条例第4号)

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年条例第5号)

この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成元年条例第7号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成2年条例第5号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成3年条例第3号)

この条例は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年条例第5号)

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成5年条例第6号)

この条例は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成7年条例第3号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成8年条例第3号)

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年条例第7号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年条例第9号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、平成11年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の大郷町交通指導隊条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に完了する旅行について適用し、施行日前に完了した旅行については、なお従前の例による。

附 則(平成21年条例第11号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例施行の際、改正前の条例の規定に基づき任命された分隊長及び婦人部長の報酬は、大郷町交通指導隊運営規則(昭和39年大郷町規則第7号)に定める任期満了まで改正前の条例の規定を適用し支給する。

附 則(平成24年条例第31号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の条例は、この条例の施行の日以後に出発する旅行及び施行日前に出発し、かつ、施行日以後に完了する旅行のうち施行日以後の期間に対応する分について適用し、当該旅行のうち施行日前の期間に対応する分及び施行日前に完了した旅行については、なお従前の例による。

附 則(平成29年条例第5号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第12条関係)

(平26条例2・全改、平29条例5・旧別表第1・一部改正)

日当(1日につき)

宿泊料

(1夜につき)

食卓料

(1夜につき)

県内

県外

1,500円

2,000円

13,000円

1,000円

大郷町交通指導隊条例

昭和39年10月1日 条例第26号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第9節 交通安全対策
沿革情報
昭和39年10月1日 条例第26号
昭和42年12月1日 条例第15号
昭和43年4月1日 条例第12号
昭和47年3月10日 条例第5号
昭和49年3月15日 条例第3号
昭和50年3月14日 条例第7号
昭和51年3月13日 条例第1号
昭和52年3月29日 条例第3号
昭和53年3月29日 条例第7号
昭和54年3月19日 条例第3号
昭和54年9月27日 条例第14号
昭和55年3月25日 条例第4号
昭和56年3月18日 条例第6号
昭和57年3月15日 条例第5号
昭和58年3月23日 条例第6号
昭和61年3月10日 条例第5号
昭和62年3月11日 条例第4号
昭和63年3月15日 条例第5号
平成元年3月10日 条例第7号
平成2年3月13日 条例第5号
平成3年3月11日 条例第3号
平成4年3月16日 条例第5号
平成5年3月16日 条例第6号
平成7年3月10日 条例第3号
平成8年3月11日 条例第3号
平成9年3月11日 条例第7号
平成10年3月12日 条例第9号
平成11年3月15日 条例第8号
平成21年3月9日 条例第11号
平成24年12月7日 条例第27号
平成24年12月28日 条例第31号
平成26年3月10日 条例第2号
平成29年3月7日 条例第5号