○大郷町環境衛生組合設置規則

昭和39年4月1日

規則第4号

(目的)

第1条 大郷町環境衛生の整備と感染症の予防、防遏等をなし併せて衛生思想を高揚し、以って住民健康の維持向上を図るため、行政区毎に環境衛生組合(以下「組合」という。)を設置する。

(平11規則21・平20規則19・一部改正)

(組合の名称及び組合員)

第2条 組合の名称は、各行政区の呼称を冠して呼び、組合員はその行政区の住民とする。

(役員)

第3条 組合に役員をおく。

2 役員は、組合長、班長及び顧問とし、人員は次のとおりとする。

組合長 1名

班長 若干名

顧問 1名乃至3名

(任免)

第4条 組合長は、各行政区よりの申請に基き町長が任免する。

2 班長は、組合長が任免する。

3 顧問は、行政区長及び区長代理の職にある者をもって当てる。

(任期)

第5条 組合長の任期は、3年とし再任を妨げない。

2 補充された組合長の任期は、前任者の残任期間とする。

(職務)

第6条 組合長は、組合を代表し第1条の目的達成のために町の衛生行政の諸施策に協力するは勿論、組合員を指揮督励して行政区間の衛生に常に注意を払い、組合員の健康の維持に努め伝染病等の発生に当っては速かに町長に報告してその指示に従うものとする。

2 班長は、組合長を補佐して衛生万搬の業務に当る外、組合長に事故あるときは組合長を代理する。

3 顧問は、組合の諮問に応じ組合の育成強化に協力する。

(報酬)

第7条 組合長には、予算の範囲内に於て年報酬を支払う。

2 班長には、町の要請により出役したる場合日当を支払う。

附 則

この規則は、昭和39年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和57年4月1日から適用する。

附 則(平成11年規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年規則第19号)

この規則は、平成20年5月1日から施行する。

大郷町環境衛生組合設置規則

昭和39年4月1日 規則第4号

(平成20年5月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 環境衛生
沿革情報
昭和39年4月1日 規則第4号
昭和57年6月24日 規則第7号
平成11年12月22日 規則第21号
平成20年4月28日 規則第19号