○大郷町営土地改良事業処理規程

昭和52年3月31日

規程第1号

(目的)

第1条 大郷町営土地改良事業(以下「事業」という。)施行に関し、土地改良法(昭和24年法律第195号)に定めるものの他事業運営の円滑を図るため必要な事項を定めるものとする。

(委員会の設置)

第2条 この事業に次の委員会をおき委員数は、事業毎に町長が定めるものとする。

(1) 運営委員会 16名

(2) 評価委員会 8名

(3) 換地委員会 10名(内農業委員会選出2名)

2 前項の委員は、地区より推せんされた者を町長が委嘱し任期は、本換地登記事務完了までとする。

3 委員会は、委員長、副委員長各1人を互選する。

(所掌事項)

第3条 運営委員会は、次の事項を担当するものとする。

(1) 事業計画を定めた工事に関すること。

(2) 全体会議に関すること。

(3) 換地及び評価に関すること。

(4) 分担金徴収に関すること。

(5) その他事業執行に関すること。

2 評価委員会は、損失補償一時利用地の指定、換地計画を公正かつ適切に実施するため土地その他の物件に関する所有権その他の価格の評定について運営委員会の諮問に答申する。

3 換地委員会は、一時利用地の指定換地計画等を公正かつ適切に実施するため次の事項について運営委員会の諮問に答申する。

(1) 一時利用地及びその使用開始日の指定に関すること。

(2) 一時利用の指定による収益差額の評定及び補償に関すること。

(3) 換地計画に関すること。

(4) その他の事項

(議事)

第4条 委員会の会議は、委員長が招集する。

2 委員会の会議は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。

(報酬)

第5条 委員会委員の報酬は、会議に出席した場合、特別職のうち各種委員に準ずるものとする。

附 則

この規程は、昭和52年4月1日から施行する。

大郷町営土地改良事業処理規程

昭和52年3月31日 規程第1号

(昭和52年3月31日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
昭和52年3月31日 規程第1号