○大郷町乳幼児総合教育施設の開放に関する要綱

平成15年10月1日

告示第45号

(趣旨)

第1条 この要綱は、大郷町乳幼児総合教育施設の設置及び管理に関する規則(平成15年大郷町規則第4号)により、町内の行政区の集会及びレクリェーションの場として、乳幼児教育に支障のない範囲で大郷町乳幼児総合教育施設(以下「施設」という。)を住民の利用に供すること(以下「施設の開放」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(施設の管理責任者)

第2条 施設の開放に関する事務は、施設長が行うものとする。

2 施設長は、開放に伴う管理上の責任は負わないものとする。

(施設の開閉)

第3条 施設の開閉は、利用する行政区長が責任をもって行うものとする。

(開放の種類)

第4条 施設の開放は、次のとおりとする。

(1) 遊戯室 行政区の集会・レクリェーションの場として開放する。

(2) 園庭 行政区のレクリェーションの場として開放する。

(開放の日時)

第5条 施設の開放の日時は、次のとおりとする。

遊戯室

平日・土曜日

午後7時から午後9時まで

日曜・祝祭日

午前9時から午後9時まで

園庭

日曜・祝祭日

午前7時から午後6時まで

(開放しない日)

第6条 施設を開放しない日は、次のとおりとする。

(1) 毎週月曜日。ただし、月曜日が祝祭日あるいは振替休日の場合は、火曜日

(2) 年末年始の12月29日から1月3日まで。

(3) その他施設長が指定した日

2 施設長は、特に必要があると認めたときは、前項に規定する日を変更し、又は臨時に開放しない日を設けることができる。

(利用の禁止)

第7条 施設の開放が次の各号のいずれかに該当する場合は、その利用を認めないものとする。

(1) 政治的活動のための利用

(2) 宗教的活動のための利用

(3) 営利を目的とするための利用

(利用の中止)

第8条 施設長は、この要綱に基づき定めた事項に従わない利用者に対して利用の中止を命ずることができる。

(利用の手続き)

第9条 施設を利用する場合、行政区長は利用希望日の7日前までに所定の施設利用申込書(様式第1号)によって施設長の許可を得なければならない。

(利用の弁償責任)

第10条 利用者は、施設設備を故意又は過失によってき損し、又は亡失したときは、弁償の責任を負うものとする。

(委任)

第11条 この要綱に定めるものの外、施設の開放の実施について必要な事項は、施設長が別に定めるものとする。

(事故責任)

第12条 町は施設の利用に際して生じた事故が施設管理上の原因によるもののほか、その責を負わないものとする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

画像画像

大郷町乳幼児総合教育施設の開放に関する要綱

平成15年10月1日 告示第45号

(平成15年10月1日施行)